カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
結婚直後から始まった元夫からのモラルハラスメントに耐え切れず、7年目に別居を敢行。 2013年2月、調停にて離婚が成立し、8年3ヶ月の結婚生活に終止符を打ちました。
カウンター
オンラインカウンター
読書メーター
mayuさんの読書メーター

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研修

fc2_2014-07-30_20-52-40-511.jpg


fc2_2014-07-30_20-52-56-982.jpg


アンガーマネジメントの研修に行ってきました。

本来は、司法精神医療の研修に行きたかったんですが、
今年度は予算の関係で難しく、
そのかわりに…といっちゃなんですが
民間の団体が主催している研修に足を運びました。

アンガーを日本語にすると「怒り」
マネジメントは「配分」

つまり、怒りを適切な形で配分していこう、という考えなんですね。

子育て中は、とかく親の側も
決して思い通りには育たないわが子にイライラすることも
多々あるので
個人的にも、この講座を受けることで
自分の子供たちと接していく中で感じるイライラを
上手にマネジメントして、配分できるようになったらいいなと
思いました。

それと同時に
子どもたちにも、適切な怒り方(感情教育)を
できるような母親になりたいなーと。

怒っちゃダメ! なんじゃなくて
怒り方にも ルールがあるんだよ
っていうことを
わが子に教えられるようになることも
この研修の目的でした。


そして、自分の心の中で湧いてくる怒りの
一次感情に目を向けて
それがほんとうに怒るべき怒りなのか
怒るべき怒りなら、その感情を
相手には表現したらいいか…

言うは易く、行うは難しですが
日々、アンガーマネジメントを意識しながら
子どもたちと向き合っていきたいなと思います。


で、実際に講座を受けてみた感想は。

んーーー物足りなさがのこりました。



実質4時間の研修だったので仕方ないですね。

上級講座は、1日8時間を複数日にまたがって
じっくりやるとのことでした。


ちなみに講座で使ったテキストに
娘は興味津々。

いろんな子ども向けのワークがあってね。


・怒りんぼオクトパス
・怒るとからだはどうなる?
・バルームパペット
・イライラ、怒りの温度計
・どうやっておちつこう?

など、幼稚園生~の子どもたちが
取り組めるワークの展開なども学べました。


・・・ちなみに、キッズ向けのテキストブックの
1ページ目には
怒り方のルールってのが
3つばかり、大きな文字で書かれているんですが

これを読んだ上の子が、ぼそっとつぶやきました。


「パパって、ぜんぶルール違反だね」


大正解・・・
スポンサーサイト

例祭

fc2_2014-07-30_20-51-31-491.png


幼稚園行事にて、おみこし担ぎがありました。
すっかり夏本番。

朝から炎天下の中のこの行事は、親子ともども汗だくでした。
でも、幼稚園最後の行事。
子どもにとってもいい思い出になったようです。

このところ、幼稚園の行事がてんこ盛り。
お泊り保育もやってきたばかりなんです。

そして来週も、市内で有数の祭りに幼稚園としても参加。

わたしの体力がなくならないよう
休息しながら乗り切ろう(笑)

昔の日記(その2)

2008年2月20日(水)

夫が仕事から帰ってくるのが怖い。
顔色をうかがってびくびくしている自分がイヤだ。
ちょっとしたことで
すぐに機嫌を悪くされて
無言で怒っているのが伝わってくる。
それで
家の中の雰囲気が悪くなるのもイヤだ。

わたしの思いを正直に伝えたら
なぜなのか分からないんだけど
夫は怒ってしまうだろうと思う。

悪いことを言わなくても
怒らせてしまう気がして仕方がない。
それでどんどん顔色をうかがって
自分らしくいられなくなっている。
だからと言って
言う通りにしたがっているだけじゃ
ますますよくないことは
頭では分かっているのに。

怖くて本音が言えない。

土日になるのがイヤだ。
一緒にいる時間が長いと
のびのびできないから。
機嫌と顔色をうかがってしまうから。
平日は子育てで余裕がないけど
まだそれでも夫と一緒よりは心が休まる。
だけど、帰ってくる時間が近づいてくると
憂鬱になる。

一緒にいると、どんどん自分に自信が持てなくなる。
さみしいとは思う。
だけど、人それぞれだから
こういう結婚生活なんて
望んでいなかったけれど
しょうがない。

顔色をうかがわずに
のびのびいられる自分になりたい。

もっと、適当でいられた頃の
おおらかだった自分を取り戻したい。

少し、距離を置きたい。



------------------------------------

こんな独り言を残しておきながら
この年のこの月に
下の子を身ごもりました。

今思うと
わたし、究極に追い詰められて
冷静な判断能力を失ってる感じにも見受けられます。

距離を置きたいなら
別居なり離婚を考えていくのが
王道なはずなのに

そうじゃなくて
身ごもることで
離れようなんて考えを起こさないように
自分で自分を縛り付けたんです。

んんん…

当時のわたしは
純粋に、離婚することに対して
強い不安があったし
離婚の決め手になることが
捉えどころのない、不気味なものだったんです。

今なら「モラハラ」とか「言葉の暴力」という表現が
自分にはしっくりくるし
それがあったからイヤだったんだと
納得できるんだけど

その当時は、具体的な出来事に
気持ちが落ち込んだり
自分に自信を無くすことの連続で
自分の気持ちに振り回されてました。

自信がないからこそ、
離婚なんて、自分にはできるはずがない

離婚しても 親権は取られちゃうかもしれない
離婚して
一人で仕事をして子育てなんか
できるはずがない

そう思ってました。
離婚なんてできるはずがないから
そう思っていたけど

あれから6年後の自分は
二児を育てながら
離婚をして、人並みに生活ができています。

タイムマシーンがあるなら
あの頃の自分のところに行って
「大丈夫だよ。別れてもなんとかやってるよ」と
言ってあげたい。

そんなに我慢するんじゃないよ
頑張る方向を間違えなさんな

そう言って
自分のことを抱きしめてあげたい

ナルシストみたいだな(笑)

でも、あの頃に
冷静な判断ができなかったおかげで
可愛い可愛い下の子が
存在してる。

一言で、何がいいか悪いかなんて
言えないね。

イヤなことだらけだった中にも
たった1つ
かけがえのない宝物が埋まっていたんだもの。

昔の日記

久しぶりに昔の手帳をぱらぱらとめくったら
その当時、自分が何を考えて何を思っていたか
文章で残されていました。

2008年1月11日(金)

夫との生活、幸せなんだろうか。
… … …
考えても考えても、「幸せ」って即答できない。
窮屈。
息苦しい。
それが本音。

いつも、夫が私を取り囲んでいるように感じる。
何かしたいと思っても
夫の許可なしには何もできないような感じ。
なんなんだろう。
このイヤな感じ。



2008年1月13日(日)

夫から聞く言葉は、文句ばかり。

「散らかってる」「片付けろ」
「これが出しっぱなし」
「まだやってないのか」

そんな文句はいくらでも思い出せるのに
「ありがとう」なんて言ってもらわなくてもいいけれど
せめて
「そうだね」っていう
相槌だけでもいいから
打って欲しい。

そんなふうに思う自分は
わがままなのかな。


2008年2月13日(水)

なぜ夫が怒るのか、分からないポイントが
いっぱいある。

昨夜は私が息子を寝かしつけたついでに
一緒に眠ってしまったら
それだけで腹を立てて
トイレのドアをバタンと閉めたり
ドスドスと大きな足音を立てて
「俺は怒ってる」オーラが立ち込めていたから
目が覚めてしまった。

「どうしたの?」と聞いたら
「謝ろうともしない」と言ってふて寝。

何に対して謝ってほしいのか
それも分からないのかと
責められているようで
すごく苦しい。

家に帰ってこないでほしい。
帰ってくるかと思うと
心がずどーんと重たくなる。

嫌だ嫌だ、こんなこと思う
自分もイヤだ。



だいぶ早いけど

今、下の娘は幼稚園の年長さんです。
来年の4月からは小学生に。

まだ早い…と思っていたんだけど、
モノによっては予約が殺到して売り切れる…という情報もあったので
ランドセルを購入しちゃいました。

このランドセルのこのお色に
人気が殺到するかどうかは分からなかったけど(笑)

fc2_2014-07-19_23-56-31-882.jpg

ピンクとかラブリー系が好きな娘なので、
てっきり、「ピンクのランドセルが欲しい」と言うのかと思っていましたが
実際に聞いてみたら
紫がいい!と言うのです。

先月から資料請求をしたり
実際に色見本をもらったり、
あるいは店頭販売されている現物を背負ってみたり。

それを繰り返してもなお、娘の「紫がいい」という希望が強く
わたし自身もまた、
紫色のランドセルって、まわりで背負っている子はいないから
珍しいかも!?という好奇心も出てきて
紫にターゲットを絞り込んで
どこのメーカーのどのブランドにするかを考えてました。



↑ 娘としては、こんな感じの
キラキラデコデコしたランドセルが欲しいと言ってたし
実際には可愛い。
ただ、かわいいあまりに
6年生になるころには
可愛いのがイヤーってならないかな…?
シンプル回帰になったりしない…?と心配して(わたしが)
色は娘好みに任せるも
シンプルなもので最終的に決めたのはわたし。

どうしてもキラキラデコデコがよければ
ランドセルカバーで探せばいいかなと思ってね。

で、実際には、コクヨ×あんふぁん がコラボした
限定1000本というランドセルに決めました。



全国限定1000本という言葉に
焦らされたのは、企業の思うツボ…!?

このランドセルに決めた最大の理由は、収納スペースが大きいこと。

fc2_2014-07-19_23-56-50-911.jpg

↑左側にお兄ちゃんのランドセルを並べて比較。
上の子は、天使の羽(セイバン)の一般的な大きさのランドセル。
ね、見ると一目瞭然、教科書やノートを入れるスペースが
広い!大きい!大容量!


fc2_2014-07-19_23-57-25-401.jpg

取り外しができる仕切りもついてました。

そのほかにも、早期購入特典で
文房具やら時間割表やらいろいろもらえたし
定価よりも安く買えたから
良しとしましょう。


わたしが子どもの頃は、
ランドセルといったら男の子は黒、女の子は赤
たまーに違う色のランドセルを背負ってる子がいる…
そんな時代だったのに
今や、赤いランドセルを背負っている子のほうが
少ないんだから、時代が変わったのねーー。

個人的には
こげ茶で、刺繍ラインがピンクのランドセルがいいなと思ってたけど、
いざ娘に背負わせてみたら
茶よりも紫のほうが合ってたのよね。

娘は三歳n七五三の時にも
紫色の着物を着たので
パープルにご縁があるのかしらね。

このランドセルを背負って
来年には小学校に行く姿を想像してみたら
楽しみになりました(^^)/

それまではまだ時間があるので
箱に入れて
大切にしまっておこう。

ファイト

fc2_2014-07-18_09-33-32-975.png


今、職場には
同じ職種を志す学生さんが
実習に来てます。

わたしは三日間、
実習指導者として
学生さんに仕事してることを
説明して
ヒヤヒヤすることも
あったんだけど
幸い、インシデントには
繋がらなかったので
ホッとしました。

一回りも年齢が違うと
こんなに無防備なのか?

考えてしまいましたわ。

実習記録のコメント欄は
何を書いたらいいのか
本当に頭を抱えてしまうため
下書きをしてから
清書する入念ぶり(笑)

ようやく三日分のコメントを
書き終えて
上司の二重チェックを入れる状態まで
持っていけたので
それが終わったら
ぐったり疲れてしまい
残りの仕事は
放り投げて帰ってきた(笑)

明日がんばる(*_*)


なんかね
二十歳そこそこの若さで
こんな世界を見ると、
いろいろつらくなるんだろうな…
と思いながら
若き実習生を
励ましてます。

会話の切り返し方
切り上げ方とか
とっさの時の
身の守り方とか
そういうのは
もう、しょうがないんだと思う。

優しくしてあげることのほうが
距離を保ったり
相手と自分の境界線を
設定するより
ずっと易しいから。

相手を傷つけずに
自分の思いを伝えること

これも、日常生活の中では
なかなか難しいときも
あったりするのに

そんな配慮をばっちり
求められるから
たぶん、相当混乱してるようです。

途中で実習を脱落してしまうなら
それはそれで仕方がないけれど
なんとか
乗り切ってくれたらいいなあと
陰ながら応援してるわたしは

もはや
二十歳のうら若き心臓だった頃より
相当に
毛深い心臓になってしまったのでしょう(。-_-。)

これもひとえに
元夫がわたしを鍛えてくれた
おかげかもしれません。




授かりもの

きのう、わたしが占い師に占ってもらった
という話を自分の母親に聞かせたところ…
興味津々だったのね。

その人の名刺を渡したら、

今日、わたしが仕事から帰ってきた時点で
母はすでに、占いに行ってきてました(爆)

早っっ。

わたしに紹介された、ということは
最後の最後まで伏せて
占ってもらったようです。

実母は今、滅入ることが多々あるようで
先々を心配して占ってもらったそうですが、
身体も丈夫でいられるし
70歳まで働く、と言われたそう。

それを聞いて、娘としても安心(^^;

母の占いの結果は割愛しますが、
占いの終盤に
実はきのう占ってもらった娘の母です、と
カミングアウトしたそうで。

その際に、占い師さん、
こういったんだって。

「下のお孫さんは、本来なら
 生まれてくるはずではなかった。
 だけど、来て欲しいと願われて
 やってきてくれた子」ってね。

きのうは、「わたしへのプレゼント」と表現していた占い師さん。
本来なら、産まれてくるはずではなかった子…かぁ。

下の子を妊娠した時のことを
思い返すと、胸がキリキリしてきます。

下の子の妊娠が分かる2か月前に
わたしは上の子を連れて、実家に逃げ帰ってきてました。
もう離婚していい
その覚悟を決めたうえで。

慌てた元夫が実家に迎えに来て
実家で話し合ったけれど
わたしは全く納得がいかなくて
もう二度と、元夫と一緒になんか暮らさないと
思っていたけれど

自分の母親から
「確かに、あなたの気持ちはよく分かる。
 だけど、あんなに慌てて追いかけてきてくれたのだから
 まだやり直せる余地はあると思う。
 今日は一緒に東京に帰ったほうがいい」
と言われて

本心は、「そんなはずない」と思いつつ
自分の本心を封印して
元夫と東京に戻ったのでした。

あとから友達にこの話をしたら、
「追いかけてきてくれた」という、その表現がそもそも変だよ!
きてくれたんじゃなくて
来るのが当たり前なんだよ!と
ズバッと言ってもらえたんだけどね。

だけど当時のわたしはすっかり感覚が麻痺していて、
え?なんで?
来てくれたのだから
一緒に戻ってあげなくちゃいけないんじゃないの?
来てくれたと思うこと自体、変なことなの???

と、さっぱり分からん子ちゃん状態でした(^▽^;)

その後、間もなくして
産まれて始めて
不安発作という発作が起きるようになり
心療内科に駆け込んで
1か月ほど、抗不安薬という系統のお薬を
飲んでいたんですが
発作がなくなったので
お薬はすぱっとやめたんですね。

やめてすぐ
妊娠が判明。

自分の本心
つまりは、元夫と離れたいということを
自分が思わないようにするために
あえて妊娠することで、
別れるという選択肢を除外したかったのか

子どもを授かることで
一時的にでも、元夫じゃなくて
産まれてくる子への思いにめぐらせて
つらさを薄くしようとしたのか

たぶん、全部そうだったんだと思う。

心の底から、願っていたんです。
二人目が欲しいって。

幸せの結果、授かるんじゃなくて
今の生活がつらくてたまらないから、授かりたかった

相当な強い祈りとして
神様に届いたんだろうなぁ。

そして神様は
理不尽なつらさを封印させようと必死だったわたしに
娘という存在を
プレゼントしてくれた、
と考えても
妙に納得がいく次第です。


ここのところ
5歳の娘は自己主張が一丁前で
声も大きくて、態度も大きくて
正直、彼女の相手に辟易していた部分もあるのですが

占い師さんからの「わたしへのプレゼント」と聞いたことで
改めて、下の子をいとおしく思う気持ちが湧いてきました(笑)

ギャーギャーと
自己主張をしてわめき、地団駄を踏んでいる娘に
イライラしてきたときは

「神様は、だいぶうるさいプレゼントを与えてくれたものね」と
思うことで
うるささとイライラも
ぷぷっと笑える余裕が持てるように。

授かった時の喜びとか
妊婦健診のときに、「女の子だね」と
性別を教えてもらったときの思いとか

赤ちゃん時代に
よくわたしを見つめて
うっとりしていた娘の表情なんかを

走馬灯のように思い出すことができて

娘のギャーギャーうるさい時間帯に
現実逃避できてます(笑)


そんな娘は、今日、元夫から
そろそろ会いたいという旨の電話を受けていたんですが
娘、テレビを見ていたところだったのね。

ちょうど、アナと雪の女王の曲をカラオケで
唄うっていう番組で
一番見たかったときにパパからの電話。

早く切りたい娘に、
電話を切らせまいとする父親。

「パパ、しつこい!いい加減にして!」

大きな声で
父親を一喝してました(;´Д`)

た・・・た・・・たくましい。
わたしは怖くてそんなこと言えない。

それでも通話をやめない父親…

年頃になったら
完全に嫌われちゃうと思うんだけど…
オーマイゴッド。

よく当たると言われている占い(4)

すみません、この記事で終わる予定です(-_-;)


③今後の人生について

これはもう、あいまいだったんですけど
占い師さんには何が見えるのか、見てもらいました。

そしたらね、占い師さんは出会いとか、結婚運について
カードを並べながら話し始めたんです。

「さっきの手相で、36歳・38歳・42歳で良縁に恵まれると
 出ていましたよね。
 ただ、いい人と出会っても
 あなたがものすごく考えすぎて、踏み切れなくて
 躊躇してしまう、とカードには出ているの。

 たぶん、お子さんのことを第一に考えるのね。

 でも、ちょこちょこと、短いスパンで
 ご縁があるから、この間に出会う人とは
 そうそう大きな失敗もない。
 
 ちなみに今、既に知り合っている人ではないわ。
 これから出会う人が
 お子さんのいるなしに関わらず
 あなたのことを、まずは一人の人間として
 大切に思ってくれて
 その結果、お子さんのことも大切にしてくれる。
 お子さんもね、あなたが再婚することを
 すごく喜んでくれるとカードには出ているの。

 再婚するにも、1~2年はお付き合いして…って考えると
 36歳で出会って、38歳で再婚…っていうのが
 有力なんだけど、そこで躊躇すると
 42歳ってことなのかしら。
 今年1年は、いい出会いはないのだけれど
 来年ね。」


どひゃーーーー。
わたし、再婚する気なんてゼロなんです(*_*)

どう考えても今の状況で、子どもたちが賛成するとは思えないし
下手すると、「新しいお父さんにママをとられた」と
被害感情を持つ可能性が濃厚。
特に上の子…

これだけは、どんなに当たると言われてる占いでも、
にわかには信じがたい(笑)
 

占い師に言われたことを
反芻しながら
家に帰って、子どもたちに話してみたんです。

「ママ、占い師さんに、36歳か38歳、42歳で
 再婚するかもしれないって言われちゃったんだーー」と。

どんな反応が返ってくるか、興味津々でした。
そしたら…

意外な反応を示した息子。

「えーーーーーっ、ママ、結婚するの!?
 いつ?僕が何歳の時?」

↑興味津々。

「ママが36歳だと、僕は10歳か。
 38歳で、12歳?
 42歳だと16歳」


そーそー。よく計算できて偉い偉い。

すると息子氏、こんなことを言い出したのです。

「あのね、僕ね、ママが再婚してくれたら
 パパのことが本当にどうでもいい人になれるんだ。
 僕がパパと会いたくない理由の一つは
 パパと会うことで、パパみたいに
 似てきちゃうのがイヤなの。
 違う人がお父さんになって
 そのお父さんが優しい人だったら
 僕もそのお父さんに似ていけるでしょう?」


…なんか、ショックでした。

今年9歳になる息子が
胸の中で、こんなことを考えていたことに。

お父さんって、息子にとっては尊敬できて
憧れ的な存在になるのだと思っていただけに…

父を尊敬できない男の子が
大人の男になっていく…
そのことを考えると、わたしとしては非常に複雑な心境です。

でも、それ以上に
わたしが想像していたよりも
再婚に対して拒否感がないことも
びっくりしたのでした(;´Д`)


失敗して、バツ2になるくらいなら
今のままで十分なのと
どうしても慎重になっちゃう。

今そう思うのは
ただ単に、いい人が身近にいないから!?

まだまだ元夫との結婚生活が
トラウマになっているから!?

今後の展開に、乞うご期待。 

よく当たると言われている占い(3)

続きの続きですみません(^^;


②子どもたちの今後について

わたくし、あえて離婚したことは話さず
占いに挑みました。意地悪な客???(笑)

にも関わらず
子どもたちの生年月日、名前を書いたカードに手をかざしつつ
目を閉じている、占い師さん…

子どもたちの縁は強い結びつきでつながっている、と。
今は喧嘩をたくさんしても
大人になった時には
困ったことがあれば協力し合って
お互いがお互いの力になれるきょうだい関係が作れる、と。

そして占い師さんから
びっくり発言が飛び出したのです。

「お子さん…お父さんのことを強く拒否してるわね…」

(*_*) なんで分かるの (*_*)

そこで初めて、離婚していることをカミングアウト。
ここで、元夫の名前と生年月日を聞かれたので
メモに書きました。

そのメモに手をかざしながら、眼を閉じる占い師さん。

「あなたの元ご主人さんは…
 とても真面目な人ね。
 ただ、あなたに対して
 ものすごく依存していたし
 別れた今も、実はものすごく依存しているの。

 それからあなたのことも、それからお子さんのことも、
 自分の所有物だと信じて疑っていない。
 離婚という結果に対しても、
 そこにはきちんと離婚になる理由があったにも関わらず
 なぜそうなったのか、今も理解できていない様子。
 真面目な反面で
 自己中心的でわがままな面が顕著。
 おそらく離婚した今も、
 子どもに会わせろ、お前は俺の言うなりになれという態度でしょう」



ひーーーーーーーっ
当たり過ぎですから!!!!!

思わず聞いてしまいました。
縁を切るためには、どうしたらいいんでしょう?と。


「この人は、女性と子どもを自分より下の存在に見てる。
 だから、たとえばあなたのお父さんとか、男の兄弟さんにお願いして
 元ご主人に冷静にお話をしてもらうと
 案外、あきらめてもらえる。
 あなたは毅然とした態度で
 無理な要求は断っていっていい。
 できない要求に応えず、あなたの芯を通していい。
 いずれにせよ、1年後の今ごろには
 元ご主人も、いよいよあきらめの境地になって
 再婚とか、違う道を探り始めると思うから
 静かになります」



信じていいですか(笑) 

よく当たると言われている占い(2)

先ほどの記事の続きです。


続いて、わたしが聞きたかったことを3つ
リストアップしてと言われたので

①今後の仕事について
②子どもたちの今後について
③今後の人生について

をお願いしました。

引き続き手相を見ながら、
「お子さんいるわね?2人?
 上が男の子で下が女の子でしょ」

…どうして分かるんですかーーー!!!

占い師さん曰く、
「上のお子さんは、運命的に授かった子。
 できるべくしてできたのね。
 で、下のお子さんは、ちょっと様相が違ってて…
 あなたのために、生まれてきた子。
 神様があなたにくれた、プレゼントなの」

…これを聞いた瞬間、わたし、涙腺が一気に緩みました。
占い師さんには何が見えているの((+_+))

下の子を妊娠した時は
藁にもすがる思いだったんです。
この子さえ生まれてくれれば
この人と(元夫と)も、もう少し頑張れる気がするって…

結果的には離婚という道を選んだけれど
29歳で下の子が産まれてから、二人目育児は余裕があって
純粋に「かわいいなぁ」と思いながら
子育てに気持ちを注いで
新生児時期のお世話を楽しめたし
下の子の存在に、本当に救われたんです。


①今後の仕事について

これは、手相とカードを見ながら占ってくれました。
まず、今の仕事はわたしに合っていて
ずっと続けていくことで
わたし自身も成長していけるし
周りの人たちを救っていける 良い仕事だと。

(どんな職業に就いているか、こちらは一切話してません)

実は、もしかしたら就職活動をしなくちゃ
いけなくなるかもしれなくて、不安なんです…と話したところ
カードを見ながら

「同僚や部下よりも、上司の存在があなたにとってのキーパーソン。
 上司はあなたのことを手放したくない存在だと思っている。
 今の職場に長くいられる可能性が
 ゼロではないと、カードでは読めるんだけど
 就職活動をする必要に迫られているの?」


いや…そこがまだ現時点では不透明で…
そのことが不安なんです

と話し出したら、もう一度、カードを集めて
切りなおして並べて行った占い師さん。

「うーん…やっぱり、上司はあなたを手放さないよう
 一生懸命頑張っているんだけど…
 それでももし、就職活動の必要性に迫られたときには
 今、あなたを大切にしてくれている上司に
 相談して一緒に考えてもらうといい結果になりそう。
 就職活動をするか、どうかは
 このカードでは分からないのだけれど
 いずれにせよ、どんな形でも
 あなたはずっと働いていける職場で
 周りの人に恵まれながら
 今のお仕事を続けていける、と出ているから
 心配することはないわ。

 ただ、何かが変化した時には
 今まで以上に、
 そのことについて勉強する時間が必要になってくるけど
 そこは大丈夫でしょう。
 
 就職活動を始めるかどうか…これは
 今の段階では静観の時期ね。
 もう少し様子を見て、時機を探ったほうがいいと思う。慎重に」


仕事面についてはこんな感じでした。

続いて子どもたちの今後について、次の記事で続きます(笑)

よく当たると言われている占い(1)

今日は、職場の人と一緒に
仕事が終わったあと、占いに行ってきました(笑)

今までの経験上、占いは誰しもあてはまる
もっともらしいことを言われて終わり、というイメージが強かったので
最初に占いの話を聞いたときは
占ってもらう気はまったくありませんでした(笑)

でも、よくよく話を聞いているうちに、
その占い師さんは霊感もあるようで
何かを見通す力をバリバリ感じた、と。

例えば、職場の人は実家の問題で悩んで占いに行ったそうなんですが、
占い師さんは何も知らないはずなのに、
生年月日と名前だけで、「あなたの家の近くに鉄塔はない?」と
聞いてきたそう。

実は、彼女の実家からは鉄塔が見えて
子どもの頃、絵を描くときには、必ずその鉄塔も描いていたんですって。

↑この話を聞いて
わたしも占ってもらう気持ちが全開になりました(^^;

手相と生年月日、名前、それからカードを組み合わせて
占ってもらいました。

最初、生年月日も名前も告げず
手相を見た占い師さん。

年齢だけは聞かれたな。

「繊細な感性を持っていて
 細かな気配りができるから、いろいろな人に好かれる。
 ただ、周りの目を気にしすぎて自分を出し切れていない部分が
 あるようだから、もっと自分に自信を持って、発言していってもいい。 
 
 29歳までは、自分で選んだ道を
 これでいいと思って生きてきたと思うんだけど
 29~30歳にかけて、このままでいいのかなと揺らぎ始めて
 そこから試練の時期がきて
 でも今は、試練の時期を過ぎて道が開けた感じね。
 
 36歳、38歳、42歳で良縁に恵まれる相が出ている。
 この時期のいずれかで結婚を決めていいと思う」


まずは、何を聞きたいかも聞かれず
ここまで言われました(笑)

で、改めてわたしが聞きたかったことを
聞いていく形で占いスタート。


備忘録がわりに
残しておきたいので
続きます(笑)
 

別居から、就職まで(1)

同じタイミングで、別々の読者さん方からそれぞれに
同じ質問をいただいたので
記事に残しておけば、ニーズのある記事になるかもしれないと(笑)
ささやかな期待をこめて?書いてみます。

別居から就職するまでの経緯。

別居したのが、上の子が小学校、下の子が幼稚園に入学・入園する
直前の春休みでした。
子どもたちが学校や幼稚園に行き始めたら
自分の生活費くらいは自分で稼がなくてはと思い
まずは短時間でもパートで働こうと思って、
ハローワークに足を運びました。

そこで自分のプロフィールを登録しながら
いろいろな業種から
いくつかめぼしいところを見つけて
気になったところに履歴書を書き、面接を受けに行ってました。

非常に良い雰囲気で面接を終えて
数日後には結果の電話を…というお話だったんですが、
ちょうど時を同じくして
当時1年生だった息子が、学校に行けなくなってしまいました(*_*)

何を聞いても「ママと一緒じゃなくちゃだめ」の一点張りで
最初は登校渋りだと思っていたのですが
実は、環境やもろもろの変化に耐えきれず
強い分離不安として、わたしと離れること
わたしの姿が見えなくなることに
極度の不安が現れていたようです。

仕事どころではなくなり、
応募した職場の面接後、採否の連絡がある前に
いずれにせよ、働けなくなってしまったと
こちらから電話をした次第です。

結局わたしはそこからほぼ一年間、働ける状態にありませんでした。
息子と常に行動を共にしながら
教育相談機関や、小児科でケアを重ね
息子の心の回復を待ち
実家の学区内の学校への復帰はあきらめて
よりきめ細かく子どもの心をフォローしてくれる学校に
年明けになって、転校させました。

結局その年度は、4月~12月まで無職無収入でした。

夏のはじめに
女性相談所を通して紹介してもらった
DV・モラハラに強い弁護士の先生と正式に契約をして
弁護士の先生が元夫宛に内容証明郵便を送り
弁護士仲介での協議離婚を目指したものの
協議離婚は不成立。

弁護士の先生が、元夫の管轄地域の
家庭裁判所に離婚調停を申し立てたのが
秋の終わり頃か
冬のはじめでした。

毎日毎日、一言では言い表せないような
もんもんとした気持ちを持て余してました。

運気は、一言でいえば、「THE 停滞期」
なんにも進まない
進展しない、解決しない

息子の心の状態も
いつになったら、わたしから離れて
学校に行けるようになるんだろう

いつになったら、この人(夫)の戸籍を
抜けることができるんだろう

いつになったら、いつになったら…


…続きます(笑)

別居から、就職まで(2)

あまりにも停滞期が長かったせいでしょうか。

さびきって回らなかった歯車に
油が注がれたかのように
お正月前後から
いろいろなことが一気に動き始めました。

正確に言えば
目に見える形では動きがなくても
水面下では、じわじわと
頑張ったこと、行動してきたことが
実を結びつつあったのかもしれません。

息子が1年生の冬休みに入る頃には
息子はまだ学校に一人で行ける状態にはありませんでしたが、
わたしの祖母となら
家で留守番をしていられるようになりました。
つまり、人によっては
わたしから離れられるようになっていったのです。

そのころに、息子は正式に転校が決定。
新しい学校での慣らし通学がスタートしました。

わたしは徐々に働き口を探し始めましたが、
いざとなったら息子を車に乗せて
仕事ができる、たまたまそんな仕事を見つけて、
そこで働きはじめました(笑)

ちょうどそのころ、弁護士の先生から、
第1回目の調停の日時が決まったと連絡がありました。

年明けに1回目の調停が行われ、
この時にはまだ調停は成立せず…

おりしも調停が行われた前後のどちらかに
ハローワークから、一通の封書が届いていたのです。

なんだろう?と思って開けてみたら
春先に登録していたプロフィールにマッチングした
良さそうな職場の求人が出ています。
応募してみませんか?
その際はハローワークに来所してください、
という案内でした。

時には息子や娘を車に乗せながら
働いていた仕事が終わったあと(笑)
ハローワークに足を運び、
ダメ元で応募してみようということで
履歴書を書いて面接に挑みました。

採用は1名という中で
全部で3名の応募があったらしく
わたしは運命的に
その採用面接に受かりました(笑)

ちなみにその際の面接試験では、
面接官が3人。

「この仕事をとおして、どんな自分になりたいですか」
「自己分析すると、どんな性格?」
「なぜこの仕事を志したいの?」

一言では答えにくいような
抽象的な質問攻めにあい、苦戦しましたが
あとから聞いた話では
3人の面接官、3人ともが
わたしを採用してあげようと全員一致で決めてくださったとのこと(T_T)

同情されたか…?(笑)
いやいや、この当時はまだ、履歴書には
配偶者ありに○をつけていたから
タイムリミットの迫った既婚者として
涼しい顔を装って応募してました(爆)


2月に2回目の調停が行われて
この2回目で、調停離婚が成立しました。
これは、わたしの妥協が早かったこともありますが(苦笑)

4月から就職が決まったけれど
有給休暇を取得できるのが、就職から半年後~だったので
4月以降は仕事を休んで調停には出られない、
先生なんとかお願いします!と懇願した記憶あり。

そして、それに応えてくださった
弁護士の先生の手腕がお見事でした。

いろいろ理屈や正論を振りかざしていただろう
元夫に対して

「今日の調停で決着してくれれば
 あえて訴訟には持ち込まないで引いてあげる。
 だけど、今日あなたが決着させないのなら
 調停不成立にして
 こちらは、慰謝料を要求した上での訴訟に持ち込みますよ!」

そんな勢いで出て行ったのでね(^^;

元夫は弁護士の先生の言い分を
丸ごと飲み込んでくれてまして
その日にあっさりと調停成立。

晴れてシングルマザーになりました。

そして3月末まで
前の仕事を精一杯こなして
4月から、新しい職場でよろしくお願いします状態。


何社も就職活動をしたわけではなく
棚ぼた的な展開で
とんとん拍子に面接して
仕事が決まって~という流れで
今に至ります。

別居から1年は「いつになったら」という思いで
毎日すごく苦しかったけれど

あれから2年後には
息子が「行ってきまーす」と
ランドセルを背負って登校班で学校に行き
下の子は幼稚園の年長さんになっていて
わたしも、日々の仕事をこなしています。

長かったけれど
動き出したらあっという間だなぁ。

あんなことがあって
働きたくても働けない
そんなやり場のない気持ちがたくさんあったから
今、仕事がイヤ・・・とか辞めたい…とか
そんな気持ちは皆無なんです。

日曜日の夜に、「あー、明日から仕事だ…」と
ため息をつくことも
不思議とありません。

働ける状態にあること
働かせてもらえていること
そのありがたさが
どれほどありがたいかが
今も忘れられないんだ。
ちゃんと感じられてるんだ。

暗中模索

fc2_2014-07-10_19-04-47-845.jpg

今日はお昼の休憩時間に、上司から、ケーキ屋さんのコーヒーゼリーをいただきました♪♪♪
美味しかったーーー。
蒸し暑かったので、さっぱりしたものが美味しい季節です。
しあわせ。

そして…現在、お仕事では、直接のセクションではない他職種の上司から、
あるプロジェクトを共同で進めていかないか?と
水面下で打診されてます。

それがこれ↓
fc2_2014-07-10_11-54-56-408.jpg

知識として吸収できるものは、どんどん吸い取っていきたいと
思ってもいるので
勧められたテキストを購入した次第。

てっきりアマゾンで購入できると思ってたのに、
マニアックな本のようでして
アマゾンでは販売されてませんでした。

1冊で4800円+税 というのもびっくり。
まぁ、付録でDVDもあるので仕方ないんでしょうね。
そこに+αで送料が500円だったかな。
高い…

ずいぶん前に購入したにも関わらず…
まだ1ページも読めてません(笑)
これこそお金の無駄ってもんだ…(+o+)
高い書物を購入したからには、きちんと身につけなくては…と
自分に言い聞かせてみる。

わたしの勉強がちっとも進まないので
水面下のプロジェクトもまったく進んでません(笑)
ごめんなさい(;´Д`)

少し前に、コメント非公開の読者さんから
わたしはどんな仕事をしているのかという質問をいただいたのですが
今現在は、
こんな感じで仕事をさせてもらってます。

勤務時間が短いので
就職するまでは、サブ的なお仕事でいいのかと甘く見てたんですが、
労働時間が短いことを除けば、責任の重さはほぼ同じ。

それだけ、やりがいもありますけどね。
日々新しいことを学んでいく必要があるのに、
学生だった頃に比べて
もの覚えが格段に悪くなってる気がします。
かつ、睡魔に勝てません(*_*)

大黒柱になること

今現在、わたしは元夫と別居してから
せっせと貯金に励んできまして
今年の5月
2年住ませてもらった実家を離れ、
子どもたちと、3人暮らしを始めました。

実家と今の住まいは
スムーズにいけば
車で15分くらいの距離なので
何かあれば車でちょいと行けるし
実家を出たとは言っても
親にはいつまでもお世話になりっぱなしです(^^;

そうは言っても
今や完全に親とは世帯分離して
今の住まいの契約者名は私だし
ここの家での大黒柱はわたしなのです。

先日ね
仲良くなった近所のシングルママ友達と
おしゃべりしていたときに
住まいのご近所トラブルの話になったのです。

そのママのおうちは、
子どもが引越し直後に嬉しくて
家の中を走り回っていたら
隣人に壁を思いっきり蹴られて
おおいに凹んだ、と・・・

子どもたちが立てる
ちょっとした物音とか、大きな泣き声、
ドタドタドタっていう、小走りの足音…

注意はしますが
100%、これらを排除したり
やめさせることって、ものすごく難しいんです。
だからこそ、集合住宅に住んだとき
隣人や階下の人が
どんな人かっていうのは
非常に重要なポイントになってきます。

子どもを持つ家庭なら
多かれ少なかれ気になることだと思います。

そんな中で、万が一隣から「子どもたちがうるさい」と
クレームをつけられたら…

今までは、配偶者という男性の陰から
こっそりやり取りを覗き込むポジションでも
許されていた身(爆)

でも、もう、配偶者はいません。
陰にならせてくれる人はいないから
子どもの騒音クレーマーにも
全面的に自分が対応していかなきゃいけない…

うちは今のところ、
子どもがらみでのクレームはないけれど
やっぱり、引越し直後に
ちょっとした駐車場トラブルに巻き込まれたんですね。

まだこの住まいの
暗黙のルール?
駐車場事情?に疎かったわたしだったので
平謝り状態でしたが

言われたら言われたで
いい気持ちがしないし、凹みました(^^;

これからは
何かあったときに
こういう形でいやおうなしに
トラブルに対応しなければいけないんだなー

その時には、今まで守ってくれていた人たちが
これからもわたしを守ってくれるのではないから
自分が大黒柱になって
自分の家庭をしっかり守っていかなくちゃ
いけないんだという緊張感が
半端なく生まれたのでした(笑)

あぁ、気をつけよう。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村

夜遊び!?

きのうの夜、突然
子どもたちからリクエストがありました。

「ママ、これからカラオケに行こうよ♪」

なんだと。
これからカラオケだとーーーーー!?(*_*)

もちろん却下しました。
でも、そのかわりに
今日、わたしが仕事から帰ってくるまでに
子どもたちが、やるべきこと(宿題など)を
全部済ませていたなら

という条件で
OKしたのです。

わたしがカラオケに行きたかったというのが
最大の理由でもあるんだけど(笑)


そんな感じで
我が家では今日
わたしが仕事から帰ってきたあと
歩いて行けるカラオケチェーン店にて
18時過ぎから小一時間ほど
カラオケを楽しんで参りました(#^.^#)

子どもたちは
夜カラオケにてエネルギーを使い果たしたみたいで
帰宅して
ごはんを食べて
お風呂に入ったら
あっという間に爆睡。

母子家庭を楽しんでます(笑)

久しぶりに
ランキングバナーを設置してみました。
応援クリックお願いします(*^-^*)↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村

コメントをいただいた方へ

昨日のブログにコメントをいただいた
女性の方に…

お返事を差し上げたいと思うのですが、
コメント自体が非公開になっているので
ブログ上でお返事をするのもどうかなと思いまして
いったんお返事をせずに
考え中です。

メールでお返事をしたほうが良いようでしたら、
同じく非公開コメントの中ででも
メールアドレスを教えていただけたらと思います。

よろしくお願いします~。

ほぼ私信状態の書き込みですみません。

顔色を気にしない生活

自由の身になって
来月には1年半になります。


元夫と過ごしていた日々は
子育てが大変だった時期も重なり
毎日がエンドレスに
長く感じました。

元夫は非常に気難しい人で
いつ、機嫌を損ねやしないか
わたしは彼の顔色を
常にうかがいながら
生活してました。

彼が仕事に出掛けていても
帰宅したあとに
これを言われないように
あれを言われないようにと
予防線を張り詰めながらの
生活だったのです。

そして、結局は
重箱の隅をつつくように
見落としているところや
わたしが苦手な部分を
指摘して批判されてました。

ずっと、この人は
潔癖なんだろう とか
もしかしたら
同性愛者なのかも と
そんなふうに思うことで
わたし自身、気持ちに
割り切りを持てればと思ってましたが

今振り返っても
不自然極まりない納得のさせ方(苦笑)

同性愛者かどうかは
わからなかったけど

潔癖だから
わたしの家事云々を
やり直してみたり
できない
下手くそ
俺にやらせてもいいけど
俺と同じ給料とってこれるか?

と言ってくるのかと
思っていたけど

潔癖で
相手の家事に不満があっても
そんなことは相手に言わない人も
いるんですよね。

残念ながら
彼はそうではなかったし

潔癖ではなく
わたしを自分より
下の人間にするために

自分の思い通りに動かしたいために
傷つけて
弱ったタイミングで
優位に立つ


そういう人だったんだと 思うのです。


そういう人だと
見抜けず

わたしが努力すれば
わたしがこの修行に耐えれば
わたしが歩み寄っていけば

そんなことしか
考えられずに
8年も一緒に生活したけれど

歩み寄っても
相手が
わたしを下に見ている以上は
どんな努力も
全ては支配される関係での
一時的な平和に過ぎなかったんだ。


子どもたちに言われるんです。

「ママとの三人の生活が
すごく楽しい!!!」


楽しいよね(笑)
そりゃ~楽しいよ。

いつも顔色うかがいながら
波風立てないように
神経をはりつめた生活

そんなピリピリした家庭に
心の底からの笑いなんて
生まれない

ホッと安堵することもない


今考えても
あんな夫婦の関係を見ながら
ピリピリした家庭のなかで
育つ子どもたちが
なんの問題もなく
成長できたとは
思えません。

父親に同調して
わたしを三人で馬鹿にして
見下す構図になっていたか

あるいは
わたしと同じように
本当の感情を
押し殺して生きていくことを
身をもって
学ばせてしまっていたかも
しれません。

感情を押し殺しても
結局は
どこかで爆発してしまう。

突然、自分でも
抑えられないほどの
怒りがこみあげてきて
感情のストッパーが外れてしまう

そんなことが
結婚生活終盤には
わたし自身にも起きていました。

感情失禁状態。

あんなふうになってしまったら
もう何もかも
うまくいきっこありません。

冷静に話し合える
余力があるうちに
離れなくちゃ
ならなかったのです。

実際にはしなかったけど
同居していた最後の頃は
元夫に対して
殺意に近い感情を抱いてました。

許せない

そんな気持ち。


一緒にいられなくて
弱ったときに、
顔色をうかがい
批判を受け止める力がなくなって行きました。

元夫が帰宅する時間になると
当時住んでいたマンションの
ゲストルームに
宿泊したこともあります。

変です。
なぜ帰る家があるのに
ゲストルームに
泊まってるんだ!?

もう二度と
あんな生活は、いやだ
いやだ、絶対にいやだ。


セールが始まって
ショッピングモールで
誰の顔色をうかがう必要もなく
玄関にかざる雑貨を
購入しました(o^^o)♪

半額で購入できた
Francfrancの造花。

こういう一瞬と
そして
玄関にそれを飾って
テンションが上がる自分に

ああ、今の自分は
すごく平和な生活を
手にしてるんだと
安堵を改たにするのです。


こんなふうに
毎日が過ぎてほしいと思える
それが
何気ない幸せなんだろうな。




にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村

給付金あれこれ

fc2_2014-07-03_19-02-30-534.jpg


住んでいる自治体から
給付金の申請書が届きました。

子育て世帯なら、
「子育て世帯臨時特例給付金」が一般的だと思うんですが
我が家の場合は
それに+αで
わたしが児童扶養手当(母子手当)を受給しているので
臨時福祉給付金が加算されます。

子どもたちがそれぞれに1万円で
わたしが1万5千円。
合計3万5千円也~。

大切に貯金&必要な物を購入させていただきます。

スマホカバーを新調

fc2_2014-07-01_12-41-37-205.jpg


スマホカバーを新調しました。

わたしの機種は、
iPhoneと比べるとスマホカバーの種類があんまりなくて、
一番安いものを使ってたんです。

スマホが明るめで赤に近いピンクなので
スマホカバーもラメ入りの透明赤でした。
でも、風水的には赤を持ち歩いていると
人間関係を燃やしてしまう、という一説も目にしてね。

そんな中で見つけたのが
こちらのスマホカバーです。

風水云々は別にしても
デザインが気に入ったので
購入しちゃいました(*^-^*)

新しいスマホカバーにして
気分も一新かな。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
532位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
結婚生活
197位
アクセスランキングを見る>>
おすすめサイト

友達の紹介で通い始めました。このお値段で通い放題…時代は変わりましたね。1年続けたら、剛毛だったムダ毛が細くなって、たまに剃るくらいでOKに。楽ちん♪

クレジットカードはこちらでお世話になってます。貯まったポイントを次のお買い物で使えるので、ポイントの使い勝手が◎

セシールオンラインショップ
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング




私がお世話になっているブログです。使いやすくてブログ初心者にもおすすめ!デザインが豊富です。

設置も簡単で、高機能です♩

最近は、本を買うなら必ずここです。

クロックス オンラインショップ
職場用に1足、普段履きに2足買いました♪
オルビス
愛用しているクレンジング。メイクがするんとしっかり落ちるし、目にしみないのが高得点!

以前は冊子を探していたけれど、今はネットでお店を比較→予約できちゃう。便利ね〜

セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
最短4時間で自宅まで届けてくれます。お店に陳列されている商品を店員さんがチョイスして届けてくれるので、何かの時にはとっても便利です!
ドクターシーラボ
楽天市場


ニッセン
ベルメゾンネット
引越し後の新居のお部屋作りで、ベルメゾンさんには大変お世話になりました。家具や洋服の質が良いです。
QRコード
QR
ぶろぐ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。