カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール
結婚直後から始まった元夫からのモラルハラスメントに耐え切れず、7年目に別居を敢行。 2013年2月、調停にて離婚が成立し、8年3ヶ月の結婚生活に終止符を打ちました。
カウンター
オンラインカウンター
読書メーター
mayuさんの読書メーター

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年度末

今日は年度末日。

一年間お世話になった上司や先輩の何人かとは、今日でお別れです。

とは言っても、退職するわけじゃなくて、勤務地の異動だから、またご縁があれば会えるよね。

一抹の寂しさを感じる余裕が、今年はわたしにも生まれつつある春です。


本当に右も左もわからなくて、最初は職場自体に外国語が飛び交っているのか?という激しいカルチャーショックも、今となっては懐かしい思い出かな(笑)

明日からの一年間も、楽しく…そして時々は涙ぐむこともあるかもしれないけど、毎日毎日の積み重ねで、経験を積ませていただきます。

この一年間、バックアップしてくれた職場の皆様に、ありがとう~
スポンサーサイト

娘の手紙

fc2_2014-03-23_16-04-28-739.jpg


先週、わたしが仕事に行っている間に
娘がパパに手紙を書いていたとのこと。

見せてくれました。

何を書いているんだろう???

娘に聞いたところ、
こう答えました。

「(自分はパパのところに会いに)いくけど、
 へんなてがみ おくらないでね
 ままはかなしんでいるよ」



 

本日、娘は元夫と面会交流に出かけている最中です。
この手紙は持って行ったのだろうか(爆)


そして上の子は…というと
相変わらず、パパのところには行きませんでした。

理由を聞くと
「あの人、あたま狂っているから」




あたくし、ノーコメントで…

増税前のお買いもの

きのう・今日とで、子どもたちを連れて
ショッピングに繰り出しました。

家具屋、家電量販店、ホームセンターetc…

引越しを控えた今、必要な物は増税前に少しでも安く…
という、いかにもありがちな算段です。

今日は、一生のうちにそう何度も購入するわけではない
家電製品を購入!!!

テレビと電子レンジ。

カーテンや食器棚、炊飯器、掃除機、テレビ台…
購入するものはまだまだいろいろありますが
5%で買えるものは今のうちにね…


そんな中で、かねてから欲しかったものが
振り子式の掛け時計。

部屋の中に
絶えず動き続けるものがあるっていうのは
風水的にもいいという話を聞いたことがあるものでね。

先日、楽天Wi-Fiに申し込んだので
楽天で購入すると、ポイントが3倍になりますが
某通販サイトで目をつけていた商品と同じものを
楽天ショップで発見🎵🎵🎵 ↓



このショップはポイント10倍で
さらにレビューを書けば
クオカード付ってのは美味しいかも…


こうして
あれこれ吟味してる時間だけでも
おおいに楽しいものです(^^)/

☆引越し☆

もうちょっと先の話にはなりますが、
わたくし、引越しすることになりました(*^^)v

元夫と別居してから
約2年ほど、実家でお世話になっていましたが、
これからは自分で物件を借り、
子どもたちとそこに住むことが決まった次第です。

子どもたちも、今度住むことになる物件を内覧して
心の準備もできつつあります。
上の子の担任の先生いわく、
「引越しすることを、ものすごく楽しみにしている」って。

何よりじゃないですか(#^.^#)

息子が転校した先の学区内でという条件で
物件を決めたのですが
予算や間取りなど
限られた条件の中での物件探しは
かなり悩みました。

元夫にしてみれば
「こんな家にしか住めないのか」と
言われそうだけど(笑)

わたしにしてみれば
自分が一生懸命働いたお金の中で
子どもたちと住んでいける
シンデレラ城です(笑)

口うるさくて要求過剰なオレ様王子様が
午前0時を過ぎても帰ってこない
シンデレラ城は、非常に快適空間間違いなしです🎵


わたしが心身共に疲れ果てて
弱っていたとき、
本当に本当にお世話になりっぱなしだった実家。

ですが、わたしの悪いクセで
次第に甘えっぱなしになっていて
頭では分かっているんだけど
本来はわたしがやらなくちゃいけないことまで
母に甘え過ぎてきた感満載。

これ以上、母の負担を増やしていくのも
申し訳ないし
わたし自身もどんどんダメ女になりつつあるので
自分自身に喝を入れるべく
独り立ち!

というのも一応、それらしき引越しの理由ですが
前も書いたように
やっぱり純粋に
わたしのお城を築き上げたいのです(笑)

自分好みのインテリアで
自分好みの家具で
自分のやり方で好きなペースで
家づくりをして
家の中のことをして
やるべきことも
自分でちゃんとやる

決して贅沢こそできないけれど
そろそろ、そういう生活を始めても
なんとかやっていける時期かな…と。

前に、かかりつけの心療内科の先生に
その話をしたら
「よくここまで、粘って頑張ってきましたね」
「感慨深いわ~」と
言ってくれて
先生のほうがウルウルしちゃってました(笑)

今から2年前は
収入ゼロ
無職の専業主婦で2人の子持ちだったわたしが
心の病のみを元夫から手土産として持たされて
別居を決意せざるをえなかった頃
今の心療内科の先生と初めてお会いしたわけで

そのころと今の状況は
雲泥の差です(^^;


これからいろいろ楽しみだなー。

引越し後のネット環境についても
今、いろいろ吟味したりしてて
そういうのも、ウキウキしちゃうわけです(笑)


↓今、わたしが最有力で検討してるのがこちら。



今後、家電製品とか家具とか
いろいろと選んだり買っていく楽しみも含めて
引越しとそれに伴う新生活を楽しみたいです。


まぁ、楽しみと同時に
この生活を維持するためには
どんなにつらいことがあっても
仕事をやめるわけにはいかないという
重責も担うわけですが、
今の自分的には
今の仕事を2年後も3年後も
やっていきたいし、
スキルアップしていきたいと思えている。←ここ最重要

考えようによっては、
生活のためにも働かなくちゃいけないんだぞっていう
働く上でのモチベーションにもなりますね。

そして息子

パパに会ってきたら?と促してみたら

「うっせーーんだよ。
 行かねーって言ってるだろ!!!」

と、いままで聞いたことのない
乱暴な口調で反論してきた
息子くん、現在小学2年生。

そんな息子に
「早く寝なくちゃダメだよ。
 もう上で寝るよ」
と促したところ…


「えーーー。
 それじゃあ、早く寝てあげるかわりに
 抱っこして連れて行って🎵」

と、素で要求してきました(笑)


交換条件にしちゃあ
ずいぶんと可愛い要求じゃないですか?(笑)


これからどんどん成長して
そのうち
わたしに対しても
「うっせーんだよ。
 うざいんだよ」などと
言ってくることは必至なんだろうけど

今はまだまだ素直で
可愛い時期なんだな~って思いましたよ。

そんな息子くんは
わたしのことをまだまだ
大好きでいてくれてます(笑)

怒ってばっかりいるけれど
わたしも、息子がかわいいな~と思うし
大好きですよ(#^.^#)

修正できない人

考えても仕方のないことだと
分かっていても
先日ひいた風邪のおかげもあって
元夫のことを思うと
ちょっと、弱ってます。


なんなんだろう、この無力感。

わたしが一生懸命伝えたくて
伝えてきたと思ってきたことが
なんにもこの人には伝わっていない

そんな思いにかられてしまうんですね。

元夫は子どもたちとの面会交流について

「自分は、裁判所で取り決めたこと以外
 何も要求していない」

という主張を、何か月も繰り返し
エンドレスリピート状態です。

確かに離婚当初は、
「子どもの福祉を優先にして
 月1回程度の面会交流」という取り決めは
しましたが、

それは、「子どもたちが喜んで行く」ことが
大前提のはずでした。
調停中は、子どもたちがノリノリで
パパと会いに行っていた時期だったのでね。

それが、突然「やっぱり行きたくない」に変わり、
面会が途絶えた頃、
元夫が面会交流の履行勧告を
裁判所を通して求めてきました。

家庭裁判所の調査官が間に入ってくれて
こちらの状況の聞き取りを行って
お互いの言い分を総合的に検討してくれた結果、
「当面は、面会交流の再開は難しい」
ということになったはず。

それが意外にも、その2、3か月後に
2人とも「行く🎵」と言ったので
面会交流が再開しましたが、
長くは続きませんでした。
1か月で、上の子は「やっぱり行かない」と(^^;


裁判所で取り決めたこととは言っても
面会交流って
子どもたちが当事者なわけで
その当事者が「イヤ」と言っているものを

「裁判所で決めたことなんだから
 会いなさい」と

父親が子どもたちに要求しているような
ものなのに

その不自然さをなぜ理解できないんだろう?

裁判所で取り決めたって
できないこともあるし
時間がかかることもあるっていうふうに
なぜ、修正がきかないんだろう?

その修正のきかなさこそ、
元夫が「発達障害」なんじゃないかとすら
思う次第です。

何度も何度も
上の子の繊細な気持ちを伝えたし

学校生活で頑張っている分、
週末くらいは親として
ゆっくりさせてあげたいし

喜んで面会に出かけて
リフレッシュできるならまだしも
そうでないなら
週末まで「がんばってパパのところに行ってこい」と
息子には言えないです。

それなのに
「どうやってお前は面会に行くよう促しているのか」
「その報告をしろ」
「自分は面会交流以外、何も要求してない」と。

何とも言えない無力感ですよ。
どう言ったら理解してもらえるんだろう?
わたしが言ってもダメなら
第三者に伝えてもらうしかないんだろうか?
とかね。


担任の先生に面会の話をしたら

「お父さんも、
 今、一生懸命がんばっている○○くん(息子)の気持ちになって
 学校生活を優先させてほしいです。
 せっかくここまで立て直してこれたのを
 週末に無理をして
 元戻りになることは避けたいですね」

とおっしゃってました。

今後、わたしが元夫の思い通りに動かない場合、
「今以上に厳しい対応をせざるをえない」と
半ば脅しのようなことを言われています。

でも…厳しい対応ってなんなんだろう(^▽^;)

親権を要求してくるとか?
調停を起こして面会交流を再要求してくるとか?


わたしにしてみれば
裁判所を通して
面会交流の調停を起こしてもらいたいくらいです。
そうしたら喜んで
受けて立ちます。

そうしたらむしろ
面会交流の方法について
こちらからも、新たな条件をつけさせていただきます。
それは、第三者の立ち合いによる
面会交流の実施。


嫌がらせをしてくる以上、
子どもたちだけで会わせるのは
もはや何をされるのか分からなくて
正直怖いと思ってしまうんです。

少し前に、ありましたよね。
小学生の男の子が、野球の練習中
別居していたお父さんに灯油をかけられて
亡くなった、無理心中の事件が…。

そこまでの人じゃなかったとしても
わたしがいないのをいいことに
わたしがいかに悪い母親であることを
子どもたちに吹き込んで
自分の恨みを発散させようとするんじゃないかとか
そんなことを考えてしまうのもイヤなので

例えば月に1回、1時間
弁護士事務所の一室で
弁護士の先生の立ち合いのもとでの
面会交流を実施

とか、そういう形に切り替えようとも
考えたりします。

まぁそれは、相手が調停を起こしてきたら
本格的に検討していきますが。

親権だって相手になんか絶対渡さないし
面会交流についても
元夫が何を言おうと
子どもたちの状況と気持ちを客観的に考えた時には
絶対負けない自信があるもんね。

起爆剤

元夫からの
人権侵害文章をいただいて
一夜あけた今日。


確かにね、

嘘つき
卑怯者
呼ばわりされた日には
いい気持ちはしませんでしたよ。

でも、胸に手をあてて考えても
わたしは嘘なんか
なんにもついてないし

卑怯者と呼ばれるようなことは
していません。

むしろ
嘘つき
卑怯者と自分を中傷する人のところに
可愛い子供達を
面会交流に送り出しているのです(笑)


元夫と、結婚していた時のような
距離感で
連絡を取り合わないのは
逃げているからではありません。

結婚相手ではない
もはや他人を相手に

ずかずかと
踏み込まれたくはない
わたしの領域を
守れるのはわたしだけだから
これ以上、近づいてきてほしく
ないだけ。

話し合いをしても
意義あるコミュニケーションが
取れない相手に
付き合っていたいと
思えるほど
ヒマでもないし
孤独でもないのだ。


そんな中でもね
イヤなヤツと思いつつ
仕事をしながら
元夫に感謝してる自分がいました。

何故って
ボロクソ言われたら
悔しい悔しい悔しい

そう思えば思うほど
わたし、仕事に燃えるみたい(笑)

今日はいつもの1.5倍くらいの
仕事量をこなせた気がします。

やるべきことを片付けられて
職場をあとにする爽快感……
幸せかも(笑)


元夫は、こんな文章を書いてます。


わたしが元夫に誠実な対応をしない限り
わたしは永久的に
苦しみ続けるのだよ
だから誠実になりなさい

(´ёٹё)(´ёٹё)(´ёٹё)(´ёٹё)(´ёٹё)


なんで今も苦しんでるって
決めつけてるんだろう!?

わたし、今はもはや
病に苦しむこともなく
毎日毎日
楽しいこと
実現したいことを
妄想して

けっこう楽しい♪

少なくとも
元夫が負け犬の遠吠え状態で
叫んでいたとしても……(爆)


元夫にとっては
この離婚が 必ずしも幸せな結論では
なかったんでしょうね。

残念だけど、
自業自得です。

これからも
わたしを恨めば恨むほど
負のエネルギーは
自分に返ってくるだけかと。


人を呪わば穴二つ

ということわざがあるものね。

意地悪




↑元夫からいただいたお手紙です。


上の子は1月に面会に出かけたものの、
2月に至っては再び行くことを強く拒否。

結局それ以来、面会には娘一人だけが出かけて行ってます(^^;

そうしたら、元夫から再び抗議文をいただいた次第。
彼が言いたいことは

2月に上の子が面会に来なかったことについて
わたしからの謝罪を求めているということ

それから、上の子に対して
2月に何をしていたか元気にしているのか
なぜわたしは一言も報告をしてこないのかということ

そして、面会交流が復活するように
上の子に対して今現在、わたしはどのように
働きかけをして対応しているのか
その報告をなぜ自らしてこないんだ

という怒りの文章でした。

謝罪がないことを
「すっぽかしている」とか
「誠意がない」とか
「逃げるのは卑怯です」と形容するのですが…


以前、
「俺が納得するような手紙を書いて来てください
 つまらない作文は意味がないので
 書かないでください」

と、別件で言ってきたことがあります。

リアクションを求めてる相手に対して
最初にこんなことを言ってしまったら
誰も返事なんてしないと思うんだけど…

わたしの書く文章が
「つまらない作文」だと思っていたのなら

わたしはどんなに頑張っても
つまらない作文しか書けない人なので

そんな人に対して
おもしろくて
なおかつ納得のいく文章を求めること自体
期待過剰なんですけどね(^^;



なんで別れた相手なのに
この人ったら
いつまでも、亭主面してるのかしら…

わたし、もうあなたの妻でもないし
あなたはわたしの亭主でもなんでもなく
赤の他人なのに

その赤の他人から
なんでこんなに
卑怯者扱いされたり
あるいは
過剰に期待されなくちゃいけないんだろう(^▽^;)


まぁ、メールに対しては
以後、一切見ないし返信しないので
文書ならば読むし、対応すると言ってあるので

文書で来たものに対しては
早急に文書でお返事を書かせていただきました。


「子どもに会えない恨みをわたしに手紙でぶつけても
 あんまり意味はないと思います。

 あなたが子どもに会いたいと
 子どもに直接手紙を書いてあげたほうが
 あなたの気持ちが伝わっていいと思いますよ」

という提案も添えて。

そして元夫がよく御存知のように
わたしはつまらない作文しか書けない人間なので(笑)

「面会時には、身だしなみを整えてきてください。
 ひげをそって
 ジャージ姿じゃなくて」

という余計なひと言も添えてしまったので
逆上するかもしれません(+o+)


元夫からの意地悪は今も続いているのです。

ここまでくると
気味が悪いわ…

本命

職場のデスクでパチリ(笑)

fc2_2014-03-01_15-57-44-833.jpg


職場ではPCも使うけれど
デスクを離れたとき、
PCを持ち歩いて
仕事ができるわけじゃないので
その時は
ボールペンでいっぱい手書きします。

この約1年の間に
ボールペン、何本使い切ったかなぁ。

もらったりすることも
多いけど
このボールペンに出会ってからは
一切浮気できなくなりました(笑)

ジェットストリームっていう
ボールペンです。

わたしが愛用してるのは
0.5mmサイズです。

あまりにも気に入ったものだから
先日、文具店に
足を運んだときに
色違いで
買い占めてきました(笑)

でもあとからよく考えたら
替え芯が売ってたんだから
なんで替え芯を
買ってこなかったんだろう?と(^^;

まあいいか。

2本は出歩くときのポケットに挟んで
あとの2本は
デスクの引き出しに
入れて使おうと思います。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
532位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
結婚生活
197位
アクセスランキングを見る>>
おすすめサイト

友達の紹介で通い始めました。このお値段で通い放題…時代は変わりましたね。1年続けたら、剛毛だったムダ毛が細くなって、たまに剃るくらいでOKに。楽ちん♪

クレジットカードはこちらでお世話になってます。貯まったポイントを次のお買い物で使えるので、ポイントの使い勝手が◎

セシールオンラインショップ
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング




私がお世話になっているブログです。使いやすくてブログ初心者にもおすすめ!デザインが豊富です。

設置も簡単で、高機能です♩

最近は、本を買うなら必ずここです。

クロックス オンラインショップ
職場用に1足、普段履きに2足買いました♪
オルビス
愛用しているクレンジング。メイクがするんとしっかり落ちるし、目にしみないのが高得点!

以前は冊子を探していたけれど、今はネットでお店を比較→予約できちゃう。便利ね〜

セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
最短4時間で自宅まで届けてくれます。お店に陳列されている商品を店員さんがチョイスして届けてくれるので、何かの時にはとっても便利です!
ドクターシーラボ
楽天市場


ニッセン
ベルメゾンネット
引越し後の新居のお部屋作りで、ベルメゾンさんには大変お世話になりました。家具や洋服の質が良いです。
QRコード
QR
ぶろぐ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。