カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
結婚直後から始まった元夫からのモラルハラスメントに耐え切れず、7年目に別居を敢行。 2013年2月、調停にて離婚が成立し、8年3ヶ月の結婚生活に終止符を打ちました。
カウンター
オンラインカウンター
読書メーター
mayuさんの読書メーター

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面会交流が復活

今日は、上の子の8歳のお誕生日。

きのうの夜、元夫から自宅に電話がかかってきてました。
息子は電話に出ることに抵抗してたら、
娘がかわりに受話器を取りました。


「誕生日に何か欲しい物を買ってあげたい」
と言われたんだそう。

そして今日、
子どもたち…

喜んで出かけて行きました


あんなに拒否してたのに…(笑)

「会いたくない」って言ってたから
元夫からの数知れないいじめにも耐えて
子どもたちの気持ちを尊重してたのに…(笑)

思わず
子どもたちに向かって、なんなんだよ!と
突っ込みたくなりましたが(^^;

そんなことを言って、せっかく気が向いたところに
足を引っ張ってしまうのは
良くないよねと思って
密かに苦笑いするしかなかったわ。

でもまぁ、良かったかな。
まったく、気まぐれなんだから…

改めて思ったんだけど、
今回の面会は、元夫が自分から家に電話をかけてきたり
そういう彼自身の努力が
実を結んだ感があるんです。

わたしのスタンスは前からずっと変わらなくて
子どもたちが行きたがれば
行ってらっしゃい だし、
嫌がれば、無理強いはしない。

今回は、先週にも
元夫が子どもたちに手紙を送ってきていたし、
きっと、「会いたい」って気持ちが
子どもたちの心を動かしたんじゃないかな。

わたしが100回、「パパと会いなよ」というよりも、
彼自身の「会いたい」っていう言葉のほうが
子どもたちの心に届くんじゃないかしら。

何はともあれ良かった良かった。

今回の面会が次に繋がってくれて
定期的に面会してくれれば

わたしもつかの間の一人時間をゆっくり過ごせて
ありがたかったりもします。

そりゃ、あれだけいろいろ言われたから
複雑な気持ちがゼロかっていうと
それは嘘になるけれど

でもね、そこは割り切りです。

…どうでもいいけど、
何時に帰るって約束した時間を
いきなりオーバーして
帰らせないのは、ルール違反だと思うんですが(爆)

明日、学校&幼稚園だし
風邪っぴきの子どもたちなので
ほどほどにお願いします・・・
スポンサーサイト

家庭美容院

今日は、ドラッグストアで
髪を染めるカラーリング液を購入してきまして
自宅で髪を染めました(^^)/


最近のカラーリング液は、泡で出るタイプが便利ですね。
素人でもムラがあんまりなく
きれいに染められるような気がして
最近はもっぱら
自分で染めてました。

…といっても、この春から今までは
いったん髪を黒く戻していたので
一度もメンテナンスをする必要もなく
放置してたんだけど((+_+))

職場のドレスコードも
どのくらいまでならOKかという雰囲気は
だんだんつかめてきたし

前々から、少しは髪色を明るくしていきたいなーと
思っていたんですね。

でも、美容室に行って染めるのも
お金かかるしなーなんて躊躇してたんですが、
そうだ、自分で染めよう🎵と思い立ち
今日の真昼間から、洗面所にて仁王立ちをしながら
髪を染めてました。

シャワーで髪を洗い流して
髪を乾かしたあとの仕上がりは・・・???

家族の評価も上々です。


暗すぎず、明るすぎずのブラウンになったかな。

ちなみに今のわたくしは、
ゆる巻きのエアウェーブをかけたパーマヘアーでも
毛先がバスト下に至るほど
気づいたらロングヘアになってましてね。

カラーリング液も、一本じゃ足りないと思って
二本買ってきたけど、その判断は正しかったわ。
二本をまるまる使い切りました。

毎年、年末になると美容室に行って髪をさっぱりしたくなる
衝動にかられるんですが、
今年の年末は、ばっさりは切らないで
トリートメントでメンテナンスしてもらおうかなぁ。

職場では、長い髪は必ず束ねないといけないんですが、
冬は耳の後ろがスースー寒いのよね(^^;

来年の手帳を購入

ちょっと気が早いですが、
来年用の手帳を買っちゃいました。

もう毎年のようにお世話になってる、ほぼ日手帳さんで。

fc2_2013-11-16_20-55-00-611.jpg

左側の手帳が来年用。
右側のオレンジ色の手帳が今年用。


fc2_2013-11-16_20-57-19-334.jpg

この手帳、カバーと本体が別売りになっていて
2008年に初めて購入したときから
毎年、本体だけを買い替える形で
カバーは5年間使いまわしでした。

ちなみにこれとは別に、
仕事専用の大判の手帳も持っていて、
それは職場に置きっぱなし状態。

最初は
来年も本体だけの購入を検討してたんですが、
使い勝手のいい手帳1冊でまとめたほうが
何かと便利かな…と思い

今までよりも一まわり大きいサイズの
「カズン」という種類の手帳に切り替えることにしました。


今年使っている手帳は、こんなふうに使ってます↓

fc2_2013-11-16_20-58-04-180.jpg

欲しい!と思ったり、気になるものを
カタログやチラシから切り抜いて
ペタペタ貼り付けてみたり

fc2_2013-11-16_21-23-00-491.jpg

買い物をした日はレシートを貼り付けて
家計簿がわりになったり

仕事で覚えておくポイントを
備忘録的にメモしておいたり


「手帳」という一般的な概念を飛び越えて
自分自身のアンテナがすべてこの一冊に詰まっていると
いっても過言ではありません。

それ以外にも、余白スペースを利用して
「こうなりたい」「こういう自分になる」なんていう
夢とか目標、それから「欲しいもの」も
書き留めておいて

欲しい物が手に入ったら印をつけたりしていると、
達成感が得られたりして
次の目標をかなえるためのモチベーションになったり。

来年も、新しい手帳が
自分自身のぎっしりつまった一冊になるよう
この手帳をたっぷり使い込んでいこうと思います。

来年もお世話になります~(#^.^#)

THEME:♪♪生活を楽しむ♪♪ | GENRE:趣味・実用 |

おめでとう

*追記あり

fc2_2013-11-14_21-38-49-011.png


下の子が5歳になりました。
おめでとう(*^-^*)


我が家の子どもたちは、
誕生日が3日しか違わないので
今までは、それぞれの誕生日に
ケーキを用意してたんですが

今年は子どもたちの同意を得て、
2人分を1つのケーキにしました。

そのかわり、ちょっと奮発!?して
サーティワンのアイスケーキです!

6種類のフレーバーのアイスなので
子どもたちに2つずつ、
母親とわたしで1つずつチョイスして食べました。

食べきれない分は、
冷凍庫で保存できるのもアイスならでは(笑)


個性豊かな子どもたちを通して
わたしも成長していかなくちゃいけないことが
多々あるなー。

この子どもたちを一人前の人間として
独り立ちさせるまでの道のりが
まだまだ果てしなく感じるなぁ。

シングルマザーなりに、軽くプレッシャーです(^^;

もう11月

日に日に気温が下がって
寒くなってきた今日このごろ。
そして今年ももう残りあと1ヶ月半ちょい。

もう11月なんですよね。

毎日が過ぎていくのがあっという間で、
どういう毎日を過ごしていたら
いつの間に11月になっていたのか
記憶があいまいです(笑)

わたし、10月とか9月って
何やってたんだろうか…?(^^;

むしろ、去年の今ごろの生活のほうが
脳裏に焼き付いているっていうのは
去年の今と今年の今では
自分の中の葛藤の大きさとか
悩みのレベルがいい方に変化した証かなって気がします。

去年の今ごろは、
上の子の学校の問題を早く何とかしたくて
気持ちばかりは焦るけど
現実はなかなか前に進まなかったり
離婚に向かっても進んでなかったしで

八方塞がり?
前に進まない感が多々あったんですよね。

こうして年スパンで考えてみたら、
去年と今年で
生活も環境も状況も心境も
大きく変化したっていうことは
自信にもなったりしてます(#^.^#)


わたし、元夫と東京で一緒に暮らしていた頃、
ごはんを作りながら
お皿を洗ったりしながら

何度もこんな思いが胸をよぎったものです。


わたし、ここで何やってるんだろう…
どうしてここにいるんだろう…

そんなことを振り返れば
なるべくして
離婚したような気もするし

そういう時間があったから
今の仕事を続けられているのかもしれませぬ。

研修二日目

fc2_2013-11-06_20-39-51-565.png



2日に渡る研修を終えて帰ってきました。

本来は宿泊研修だったんだけど、
今の子どもたち的に、わたしが夜間不在では
わたしの母が子どもたちの対応をできる状況ではなくてね。

会場が都内だったので
日帰りを2日繰り返す形で研修に臨みました。

ゆくゆくは5泊6日の研修にも
行かせてもらえるけど、
子どもたちがもう少し親離れしてくれないと
無理そうです…m(__)m


研修は、北は北海道、南は沖縄から
100人以上が集まる形で開催されました。

濃密な内容の研修で、
座学スタイルはもちろん、グループワークもあったりして
かなり実践的なことを学べた感あり。

講師の話していることが
「それ、もう一度聞かせて!」と懇願したくなるほどの
深い内容なんだけど
怒涛の講義で、一分一秒を無駄にするまいという
気迫が伝わってくる早口なので

深いお言葉をかみしめて味わう余裕もなく
全部が最重要ポイントといえる勢いの
研修でございました。


普段は車通勤で、
片道15分?くらいの快適通勤ですが、
今日ときのうは久しぶりに新幹線+在来線で
首都圏の通勤ラッシュ、帰宅ラッシュを味わいました。

都会ってなんであんなに人が多いんだろうねぇ(*_*)
酸素が薄いってわけじゃないのに
人混みに酔ってしまうし
人をかきわけながら駅を歩かなくちゃいけないってのは
昔、都内で働いていた時期を通算したとしても
いまだに慣れないわ。

でも、電車に乗りながら密かにヒューマンウォッチング。
朝の通勤の電車の中で
ノートPCを開く人、
読書する人、
睡眠をとる人、いろいろですね。

わたしはどうも、電車に揺られると睡魔に勝てない性質の
持ち主のようで(^^;
電車の中での読書ってのは、
本を開くと眠ってしまうため(爆)
習慣になってないんですが

通勤時間に読書をする習慣のある人ってのは、
毎日毎日の積み重ねで、
わたしのような、睡眠をむさぼっている人間よりも
はるかにいろいろなことを吸収して
目に見えないところで差ができているに違いない…
そう思うと、

わたしも少しずつでもいいから
本を読もうと思うのでした。

一時期、文庫を100冊、新書を50冊読む!という
読書目標を立ててそれを実行したことがあったんだけど、
あの時に、楽しんで読むよりも
読む本の数ばかりをカウントすることに
一生懸命になってしまった感があってね。

その反動があったのか、あれ以降、活字から遠ざかり気味。

ちょっと時間ができると、
ついついLINEのゲームにはまったり
ネットにつないでウィンドウショッピングを楽しんでしまう。。。

まぁ、それはそれで息抜きってことで
いいのかもしれないけど
やっぱり、必読と言われた本くらいは
目を通すようにして

全部を読まないにせよ
拾い読みでもいいから
目に入れて、書かれている活字を
脳に伝達してあげないと

これから続いていく
お仕事人生に、ついていけないよ?と

自分をちょっぴり戒めるのでした。

そんなところでは、
この2日の電車で研修っていうのも
研修+αで刺激になったともいえますね。

研修

fc2_2013-11-05_15-55-59-848.jpg


今日は都内にて
研修を受けてます。

fc2_2013-11-05_15-58-09-250.png


踊る大捜査線でも
撮影ロケ地になった
研修会場にて

今日のところは18時過ぎまで
みっちり座学。

興味深いテーマで
勉強になります。

あと2時間、がんばるぞ。

人格(パーソナリティ)障害説

職業柄、精神鑑定をする立場の方と
いろいろと話をする機会もあるため

休憩時間に、元夫の言動を
相談してみたことがありました(^^;


元夫との結婚生活の中で起きてきたいろいろなエピソードを
かいつまんで話しているうちに
鑑定人から質問されたのは

・元夫の母子関係と
・(元夫の)思春期の様子

それから
・元夫の母(つまりわたしにとって、元姑)とわたしの関係性
(いわゆる嫁姑の関係)

でした。

元夫の思春期の様子は彼の親族の話を聞く限り、
従順で大人しい ってイメージかな。

元義母も言っていたけど、元夫は
思春期に反抗期がなかったんだそうです。(驚)


あと、いわゆる嫁姑関係はね。
まぁ、いろいろありました(苦笑)

そこで突っ込まれて聞かれたのは、
元夫にとって、自分の母親とわたしが
どういう位置づけにあったかということ。

まぁ、はっきり言うと、
お母さんの言ってることと
妻の言ってること

どちらが理にかなっているかを
選択しろと問うたときに
元夫がどちらを選ぶかってことですね。

これに関して、
元夫は完全にわたし側の立場でした。

親の目の前でこそ、親の前では従順だったけど
元夫はわたしの前では
こき下ろす表現を多々使っていて
正直、そのギャップにびっくりしたこと。


こんなエピソードをかいつまんで話したところ、
鑑定人の彼は、こう聞いてきたんです。

「あなたの元旦那さんの中で
 どういう心の現象が起きていると思う?
 学術的には、なんていう表現が用意されてると思う?」


…全然分かりません!!!

と答えたら、鑑定人が教えてくれたのがこの言葉でした。

「スプリッティング」だよって。

あとで、ネットでこの単語を入れて、検索してごらん?
と言われていたので
探してみたら、ヒットしたのがこちらのサイト。


http://monkeyclinic.seesaa.net/article/166552697.html


鑑定人の鑑定によると
元夫の中で起きているスプリッティングにより、
母親に対する感情が
わたしに対する感情に紛れ込んでいて
そのことに、元夫自身は全く気付いてもいない状態なんだそう。

母親に対する感情っていうのは、

包み込まれたい
満たされたい
自分の気持ちを認めて欲しい
自分の存在を全人格として認めて欲しい


っていう、小さな子どもが誰もが持つ欲求そのもので

そういう気持ちをたくさん受け入れてもらいながら
ある程度の年齢がきたときに、

たくさん衝突して、葛藤を乗り越えながら
理想の母親とそうでない母親の折り合いをつけていく
プロセスを飛ばしてしまったのではないか

そのことによって
極端な話、
満たされなかった頃の感情を

奥さんにだけは
認めて欲しい
分かってほしい
自分が間違ってない
あなたが正しいんだよって言って欲しい

そういう形でぶつけてくる上に

わたしという存在への捉え方にも
スプリッティングが生じているため、
強迫的なレベルで
「理想の妻」でなくてはならないし、
「理想の母」でもなくてはならないんだそう(爆)

それがかなえられなかったあかつきには、
手のひらを返したように
「どうしようもない妻」
「ダメな妻」
という攻撃にかわるのだと。

元夫がわたしを選んだ理由というのは、
まず最初に

「この人なら、母親が分かってくれなかった
 自分の感情を、
 すくいとって分かってくれるに違いない」

という、本人も気づかない
強烈な嗅覚なんだそうです。

そして、そう思わせるわたし自身には
わたし自身が持っている
独特の感受性だったり
繊細さだったり
ある種の、他人の気持ちに対して非常に敏感だったりする
センサーがあるんだ、と。

まぁ、鑑定人に言わせればそれも病理性ってことで
繊細なのは認めるよ(笑)

誰しも、健康的な部分もあれば病理性もあって
混在しているから
一概に健康、病気とレッテルを貼ることもないのだけれど

わたしの病理性が
日常生活を送る上では、
どちらかと言えば「過剰適応」だとすれば

元夫の病理性は
「パーソナリティ障害」の域だそうです(爆)


鑑定人いわく、最初は
発達障害かとも思ったけど、
いやいや
スプリッティングが相当に強いから
NPD(自己愛性パーソナリティ障害)だろう

という推測でした。

いずれにせよ
結婚生活を継続させるには
非常に困難な相手で

「別れて大正解だったね」

と、肩をポンと叩かれて
休憩時間が終了しました(^▽^;)


もはや元夫がどんな鑑定されても
あんまり興味もないけれど

わたし自身に関しては
あーやっぱりなーと思ったわ。

過剰適応…そうなんだよ。


わたし自身が↑こういう性質を持っているのは
前々からなんとなく分かってきてたし

正直、一回結婚してみたら
わたし自身も
誰か、男の人と一緒に生活するっていうのは
本当に向いてないというか

誰と結婚しても
なんとなく、適応しすぎてつらくなるような気がするから

今後は一生、花の独身生活を
謳歌しようかななんて
改めて思ったのでした(笑)

なんだかんだ言って、今の生活が
わたしは気楽だし、合ってます♪♪♪
THEME:別居・離婚 | GENRE:結婚・家庭生活 |

面会交流支援


先月、元夫に子どもたちの近況報告の手紙を送った際に、
こちら↓の情報もプリントアウトして同封しておきました。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kodomo/hitorioya_shien/menkai/zigyou.html

この団体は、
面会交流に関するいろいろな調整をしてくれる機関です。

面会交流時の
子どもたちの引き渡しはもちろんのこと、
付き添いをしてくれることも頼めるし
それ以前に
面会交流の日時の調整も
元夫婦の間に入って行ってくれる団体です。

わたし自身、何を言っても言いがかりをつけられるだけの
相手とこれ以上、関わりたくないのが本音なので
こういう機関が間に入って
面会交流の日時等も含めて調整してもらえるならと思ったし

元夫からも、
「関わりたくない」「おまえと話すと気分が悪くなる」と
言われていたので
お互いにとって、最も良い方法だと思ったのですよ。

ですが、やはりね。
わたしの提案に対して、元夫はまたしても言いがかり。

「他の団体に面会交流の調整を頼んだりすることは
 子どもたちとの唯一の連絡手段を経つことになる」

んだそうです。

つまり、子どもたちとの縁および、連絡手段を切らないために
元夫は、わたしとの連絡手段を確保し続けろと…(笑)


????

それ以外にも、
もはやなんだかわたしは、元夫の言い分が
まったくもって理解できなかったので
無視しました(爆)

それにね。
これはわたしの直観でしかありませんが、
元夫は、本当に子どもたちと会いたいのか。
子どもたちのことを気にかけているのか。
疑問なんです。

本人は「会いたい」と言ってるし
その気持ちが全部ウソではないんだと思うけど、
本当に会いたかったら
ダメ元でも会いにくればいいじゃない?

わたしに期待ばっかりしてないで
自分でもっと行動起こせばいいじゃない?

子どもたちもかわいいんだろうけど、
本当は
その子どもたち以上に
自分のことがかわいくて
子どもたちと会えない自分が
会いたくないと言っている子どもの気持ちより
誰よりも自分をかわいそうに
なってるんじゃないかと。



この人とまともな土俵で
話し合うこと自体
答えも出ないし
攻撃されるだけなので

中立な第三者が間に入らない以上、
わたしは元夫とは関わりません。

それ以前に
子どもたちが面会交流にYESをしてくれないと
こういう支援団体を利用することもできないんですが(-_-;)

思うところがあるので
記事をもう1つ分けます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
532位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
結婚生活
197位
アクセスランキングを見る>>
おすすめサイト

友達の紹介で通い始めました。このお値段で通い放題…時代は変わりましたね。1年続けたら、剛毛だったムダ毛が細くなって、たまに剃るくらいでOKに。楽ちん♪

クレジットカードはこちらでお世話になってます。貯まったポイントを次のお買い物で使えるので、ポイントの使い勝手が◎

セシールオンラインショップ
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング




私がお世話になっているブログです。使いやすくてブログ初心者にもおすすめ!デザインが豊富です。

設置も簡単で、高機能です♩

最近は、本を買うなら必ずここです。

クロックス オンラインショップ
職場用に1足、普段履きに2足買いました♪
オルビス
愛用しているクレンジング。メイクがするんとしっかり落ちるし、目にしみないのが高得点!

以前は冊子を探していたけれど、今はネットでお店を比較→予約できちゃう。便利ね〜

セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
最短4時間で自宅まで届けてくれます。お店に陳列されている商品を店員さんがチョイスして届けてくれるので、何かの時にはとっても便利です!
ドクターシーラボ
楽天市場


ニッセン
ベルメゾンネット
引越し後の新居のお部屋作りで、ベルメゾンさんには大変お世話になりました。家具や洋服の質が良いです。
QRコード
QR
ぶろぐ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。