カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール
結婚直後から始まった元夫からのモラルハラスメントに耐え切れず、7年目に別居を敢行。 2013年2月、調停にて離婚が成立し、8年3ヶ月の結婚生活に終止符を打ちました。
カウンター
オンラインカウンター
読書メーター
mayuさんの読書メーター

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WRAP(ラップ)~元気回復行動プラン

今日、職場のワークショップに参加しました。

そこで行われたのが、WRAP(ラップ)というプログラム。

WRAP= Wellness Recovery Action Plan

それぞれの頭文字をとって略しているので
ラップとなるわけですが
この日本語訳がですね…

「元気回復行動プラン」

誰が名付けたの…?
なんとなく、鳥肌が立ちました(笑)

就労というテーマにWRAPを取り入れることで
健康管理だけでなく
自分が「なぜ働いているのか」
「仕事を続けるモチベーションって?」

みたいなこと
仕事観について、参加者それぞれの思いを
1つの空間で共有することができたり
もっと自分の仕事観を掘り下げてみたくなったり。

あと、仕事に行きたくないなーっていう時の
自分なりの対処法とか
ほかの人の対処法とか

えーー
この人、こんなこと思ってたの?
こんなこと考えてたんだ(笑)

という新たな一面が垣間見えたりして
スタッフ間の心の距離感も
近づいたような気がしました。


ワークショップって、
やっぱり好きだなぁって思いながら
興味津々で有意義な時間を過ごすことができました♪

楽しかった(#^.^#)

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
THEME:働くということ | GENRE:就職・お仕事 |

養育費が入ってきません。

元夫の会社は、毎月25日が給料支給日です。

今月は25日が土曜日だったので
24日には支給されているはずですが
29日の夕方の時点で
養育費は振り込まれてきていません。

今週中に振り込まれなければ
今月の養育費は入ってこないものと捉えて
いいのでしょうか。


離婚調停が成立したときに作成された
調停証書がこちら↓

fc2_2013-05-22_21-43-13-840.png

相手方(元夫)は、
子どもたちの養育費および
離婚に伴う解決金(慰謝料みたいなもの)を
決められた期間に
どこどこの口座に
振り込みなさいと書かれています。

ちなみに面会については
申立人(わたし)が、月1回程度
面会することを認め、
その日時、場所、方法については
子らの福祉に配慮し
当事者双方で協議して定める

と書かれています。

調停の席で
元夫は「月2回の面会交流」を要求してきて
「お好きにどうぞ」と月2回に合意したんですが、
調停委員から、
「月2回は、子どもたちの負担が
 大きすぎる。お子さんの福祉を考えてあげて」
と言われて、
月1回程度で十分なんだと
思った、そんないきさつもあります(^▽^;)

父親との面会をかたくなに拒否している
子どもたちの福祉に配慮すると

それに腹を立てた父親からの養育費の振込みが
なされないって…

養育費をもらうためには
子らの福祉に配慮しないで面会させなさい

そんな記載はどこにもないのに!

今月初めだったかな。
GW前に突然父親と会いたがらなくなった
子どもたちを

なんとかその気にさせるべく

わたし、
家の電話から元夫の携帯を鳴らして
子どもたちとお話させよう作戦に出たのです。
パパと話せば、また会いたいって
思う気持ちが再燃するのかなと。

しかしながら上の子は完全に通話拒否。

下の子は、電話で話してくれたものの

「○○ちゃん(←自分の名前)
 パパとは会いませ~ん♪♪♪」

と声高らかに宣言して終了

「お兄ちゃんに変わるねっ」と
娘が上の子に
電話をかわろうとしたら、

「イヤって言ってるだろ!」と
電話の子機を差し出した娘に向かって
手を上げたため

きょうだい喧嘩勃発。

話したくなかったけど、一部始終を聞いていた元夫に
わたしが電話をかわり
これこれこういうわけなので
次回は無理かも…と説明していたんだった。


最近わたしがちょっとゴリ押しして
子どもたちに、元夫のもとに
会いに行きなよ!!!と言い続けていたら、

上の子が静かな口調で、にこにこしながら
こうつぶやきました。


「ママ、落ち着いて」

オーマイゴーーーーッド


養育費に関しては、裁判所に申し立てれば
未払い分と、今後に関しての
元夫のお給料を元夫の会社から直接
差し押さえることができるので
仮に今月、入ってこなかったとしても
もらい損ねる心配はないのですがね。


もし、元夫の心の中に、
子どもたちを会わせてもらえないなら
その制裁として、おまえに
養育費は一千も支払わないという考えを
持っているのだとしたら

父親として、なんて打算的なんだろうと
思ってしまったり。

んーーー
もう今さら、いいパートナーなんて期待は
一切放棄してるんですが

せめて、無条件に子どもたちを愛してくれる父親で
いて欲しいなーと思う期待も
徐々に捨てていくしかないんだろうか。

子どもたちの純粋な気持ちとしては、
パパが嫌いになったんじゃないと思うのです。

ただ、今までの面会交流の方法が
子どもたちにとっては負担だったのかもしれないし

一過性のもので、また気持ちが変わる可能性も
あるけれど
面会のたびに、公園だけじゃなくて
毎回巨大なゲームセンターに行っていたと
子どもたちは言っているので
同じパターンに飽きてしまったのか…!?

毎月、無償の愛で
献身的に養育費を振り込んでくる
そんなパートナーだったら
離婚したことを後悔したかもしれないので

離婚という前向きな決断に
我ながら、ますます拍手したくなる
今日この頃でございます(^▽^;)

あ~あ、面倒くさい。


投げやりにならないように
わたしに喝を入れてください。
一票お願いします↓

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村
THEME:離婚 | GENRE:結婚・家庭生活 |

ツ反2回目なんだけど

きのうは2回目のツベルクリンでした。
1回目の右腕が完全に陰性だったので
2回目は左腕にチクン。

fc2_2013-05-28_18-39-48-176.png

接種から一夜あけた
わたしの左腕。

画面左の方の腕の小さな点は、ほくろです(笑)


2回目のツ反なのに、
素人でも判定が明らかすぎる
クリアな陰性じゃないでしょうか(*_*)


2回目も陰性だと、まさかのBCGですか!?!?!?

↑と、ドクターに質問したら
「いやぁ~昔、BCGやってるでしょ?
 だったら2回目で陽性になりますから♪」



…この左腕のどこに陽性反応がある!?
針穴すら見つけるのが困難です(笑)

*追伸
1つ前の記事(「ウエディング断捨離」)、
追記をアップしました。


にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村

ウエディング断捨離

【追記あり】

fc2_2013-05-26_21-12-19-891.jpg


記事は子供たちが寝たあとに~…

なんて書いていたのに、子どもたちと一緒に
眠ってしまいました(^^;

冒頭のマンダラは、この日の朝、塗ってみたものです♪

さてさて。
日曜日は家の中を少し片付けようと思い、
午前中からごそごそと行動開始。

数回しか着用してない
着心地がイマイチな洋服や

サイズアウトして入らなくなってしまった洋服、
きつい洋服などを選別して
思い切って処分することにしました。

処分といっても捨ててしまうのはもったいないので、
家から一番近いリサイクルショップに
売りに行くことに。

洋服を袋に入れていたときに、ふと思い出しました。
そういえば、「あれ」が実家にあったよね。

「あれ」とはずばり…


ウエディングドレス…(笑)



奮発したわけでもなんでもなく、
当時、元夫と式を挙げたときの
期間限定成約特典で
オーダーメイドのウエディングドレスが
もれなくついてきたのです(^^;

当時、式場の営業の人から

「新婚旅行先にご自分のドレスを持って行かれて
 海外挙式風に思い出を残す人もいらっしゃいます♪」とか

「ドレスを再利用して、
 赤ちゃんが産まれたときのセレモニードレスに
 仕立て直す方もいらっしゃいます」

などと宣伝されてましたが
新婚旅行先でドレスを着る機会もなく

産前産後は初めての出産におそれおののいて
ドレスの存在すら忘れてました(爆)


モノ自体はいい物であることに違いないんだけど、
もはや修復不可能な相手との
ウエディングドレスが
今後わたしの人生において、必要になるとは思えず(苦笑)

失敗した結婚のドレスで何かを仕立て直しても、
縁起が悪いような(-_-;)


そういうわけで、8年前の挙式で使用した
たった1度きりのウエディングドレス、
クリーニング処理もされて、開封されていない状態のまま
リサイクルショップにお持ちこみしました。

気になるお買い取り金額は、

5000円でした(笑)


今月は、子どもたちと会えないことへの
わたしへの報復なのか、
いまだ養育費の振込みがなされておらず、
経済状況がピンチなので

5000円は、子どもたちの養育資金として
大切に使わせていただきます。

不要なものを処分してすっきりしたら、
そのあいたスペースに
新しい素敵な何かが舞い込んでくるだろうと思うと
気持ちがすっきりします(#^.^#)



いい風が吹いてくるといいねーの
クリックをお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村
THEME:ママのひとりごと。 | GENRE:育児 |

ハラッサー独特の論理展開

神奈川の伊勢原で起きた事件、
ニュースなどで耳にした方も多いのではないでしょうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20130525-00000027-nnn-soci

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/656958/

元夫からのDVで、シェルターに避難するなどして
身を隠していた元妻の自宅を突き止めて、
子どもの目の前で元妻を刃物で切りつけた事件です。

切りつけられた女性は意識不明の重体とのこと。
彼女自身のことももちろんですが、
我が家の子どもとそう年が離れていない
お子さんのこれからのケアなど、考えれば考えるほど
取り返しのつかないことをしてくれたなと。

ここまでの凶行になぜ至れるのか???
わたしは、いろいろな
「加害者」の言い分を聞くことが多い立場に
あるのですが、

皆さん、たとえそれがどんなに身勝手だと
周りから非難されたとしても
「そうせざるをえなかった理由」と
独特の理論を展開されるように思います。

理由がなかったら、こんなことはしない。
理由があるから、こうせざるをえなかったんだ。
そしてその責任は、100%相手にある。

むしろ被害者は自分なのだ。
かわいそうなのは相手じゃなくて自分だ。
そう信じて疑ってないことが多いように思います。
加害者は、純粋なまでに。


この加害者男性も、こう言ってるそうです。

「全ての元凶は妻が出て行き、無視し続けたことにある」



理由がなく、その時の思い付きで
家を出て行かれたり、
無視されたわけじゃないと思うのですが

なぜ妻が家を出たのか
なぜ無視されたのか

そういうことに、思いが巡らないんですね…

元夫くんも、
「自分は何も悪いことをしていないし
 悪気はなかったのに
 元妻(→わたし)の被害妄想から
 一方的に子どもたちを連れて家を出て行き
 挙句の果てには、子どもたちを会わせないようにしている」

そうかたくなに信じているのだと思います。

元夫が、この事件の加害者ほどの思考の持ち主ではないことを
願うことしかできません。

元夫くん、お願いです。
これからの人生を
どうか幸せになって欲しいなと思います。


元夫の幸せを願って、一票お願いします↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村

カラオケ

昨日の夜と今朝、せっせと塗って
完成したマンダラです♪






さて。今日は子どもたちと一緒に
カラオケに行ってきちゃいました~。

どんな選曲をするのかと思ったら、
ゴールデンボンバーの
「女々しくて~…」を7回連続リピート(笑)

その後、嵐の「Believe」を熱唱して
これも限りなくリピートになるのかと思ったら
次はきゃりーぱみゅぱみゅに移りました。

子どもたちのお気に入りは「つけまつける」

4歳の娘が歌うと、若干舌たらずなのも手伝って
「とぅ CAME UP~」のところを
「ちゅーけまちゅーけ ちゅーけまちゅーけ」と
歌っていたけど、それなりに聞こえて可愛かったです(笑)

そして、大塚愛の「Cherish」を熱唱してました。
↑これはわたしが一時期
運転しながら車中でよく聴いてたので
覚えちゃったのね。


わたしが歌いたい曲は、ほとんど歌えないまま
「もう帰りたいー」と騒ぎ始めたので
カラオケ終了

個人的には、息子が大きくなったら
ミスチルを歌って聞かせて欲しいのです。
男性の歌って、音域がしっくりこなくて
自分ではなかなか歌えないので。

例えば「エソラ」とか、「HANABI」が好きなんですけど
CDで聴いてるのが一番かな(^▽^;)


最近、久しぶりにランキングバナーを貼り付けてみました。
順位が少し気になります(笑) ↓

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村





THEME:子育て | GENRE:結婚・家庭生活 |

マンダラ塗り絵

カラーリング・マンダラ NEO

新品価格
¥1,260から
(2013/5/24 19:16時点)




友達がやっていて楽しそうだったので、
わたしも購入してみました♪

留意すべき点としては、
「頭より感性、理屈より気分、熟慮より直感」
ということなので
フィーリング重視で塗ることを心がけてみました。

わたくしが塗ってみた初マンダラがこちら↓




カウンセリングで内省をしながら
自分の思いを話すことは
「話す」ことが「手放すこと」だと表現する人も。

このマンダラは言葉を使わないけれど、
色を使って自分を表現することで
内に秘められた意識、無意識の気持ちや状態を
解放してあげるのかもしれませんね。

塗り終わると、これまた理屈抜きに
気持ちがすーーーっとする気がします。

はまりそう(笑)


にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村

こうならなくちゃ、できなかったことを

今日、たまたまフジテレビの
「奇跡体験!アンビリバボー」に見入ってしまいました。

日本最高齢97歳の女医★150通のラブレター

女性は家庭に入るべしという考えが根強かった
戦前から、職業婦人として生きることを応援してくれていた
御主人を戦争で亡くし、
悲嘆にくれたのちに、一大決心をして小児科医になった
貴島テル子さんという女医さんを取り上げていました。

幸せのカタチは人それぞれ。
幸せな家庭を築き、そこで幸せに過ごすことが
女性として最高の幸せだと思う人もいるし

仕事を持ち、なおかつお互いがそういう生活に納得をして
幸せな結婚生活を送る人もいると思うし。

だけど神様は、一人の人間に多くの幸せを
十分に満たされるまでは同時には与えてくれないものかな

なんてことを考えてしまいました。

彼女にとっては、最愛の夫を亡くしたという喪失体験を
バネにして大きく飛躍したのかもしれません。
それと、そういう逆境を糧にして
飛躍できるだけの力が、彼女にあったのでしょうね。

素敵だなーと思いました。

わたしにとっての離婚は、大切なものを
失ってしまった「喪失体験」だという捉え方は
全くしてないんですが(笑)

結婚生活の中で失ってしまったもの
元夫と一緒にいる限りは
できなかっただろうこと
シャットアウトされていた可能性とか
夢なんかを
もう一度、発掘しなおしていこうと
改めて思ったのでした。

同じことでも、相手によっては支障にもならなかったり
協力してくれたりして
離婚しないでもそこそこにやっていけるケースも
多々あるんだと思いますが

せっかくだから、
わたしにとっては
離婚しなくちゃできなかったことを
これから、どんどんやっていきたいなぁ。

元夫の存在を全く抜きにして、
元夫がそのことでどう思うかじゃなくて、

本当に自分がやりたいこと
興味があること
そういうことを
元夫の目を気にせず
突き詰めていっても、誰も何にも言わないんだ

自分のこれからのことは
自分で決めていけるんだなぁと思うと
晴れ晴れした気持ちになれるんです。

こういうことが、もうすでに
幸せなのかもしれません(*^-^*)

明日もお仕事がんばろう~。
明日一日行ったら、週末です♪


週末が近づいてくると
仕事中、睡魔に負けそうになるわたしに
喝!!!を入れるべく、クリックお願いします↓

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村
THEME:働くということ | GENRE:就職・お仕事 |

「当たり前じゃん」

今もふとしたときに思い出す、
離婚にまつわる予言めいたエピソードがあります。

あれは確か、今から6年くらい前のことでしょうか。

mixiをやっていたわたしは、マイミクさんの日記に
書かれていた内容を読んで、ぎくりとしたことがあるのです。

どんな内容だったかと言いますと、
夫婦の会話の中で、「そうだね」と
お互いに共感しあう回数が多い夫婦は、
長続きする率が高いけれど
共感が少ない夫婦は、離婚する率が高い

というものでした。

その当時は、この人なんてイヤ!というよりも、
なんとかこの人とうまくやっていきたいと
思う気持ちのほうが強くて
この人とずっとうまくやっていくために
自分が変えられるべき改善点は、
一生懸命に変えてみせる!と
かたく決意をしていた時期でもありました。


当時から、夫婦の関係に違和感を感じていたわたしですから
恐る恐る、元夫との会話の中に
「共感」し合う瞬間が
どのくらいあるのかということに
意識を傾けてみたのです。

深い話になると、それぞれの価値観の違いが
浮き彫りになるのを恐れたわたしは、無難な話題で
アプローチすることに。

夜のニュースの合間の天気予報を2人で見ていたら、
「明日はこの冬いちばんの冷え込みになるでしょう」
といったアナウンスがあったので
わたしは元夫に、明るいテンションを意識して
こう話しかけました。

「明日、寒いんだねー。
 あたたかい服を着て出たほうがいいよね♪」



わたしとしては、「そうだね」という共感の一言を
こっそり期待していたのです。

しかし
元夫から返ってきた言葉は、共感とは程遠いものでした。

「当たり前じゃん」



「そうだね」じゃなくて
「そうしようね」でもなくて
「寒いのイヤだなー」でもなくて


「当たり前じゃん」





思いっきり動揺したわたしは、
これでもか、これでもかと
次々に無難な話題を振って、
なんとか共感させようと躍起(笑)

しかし、そんなわたしの期待とは裏腹に
元夫から返ってくる言葉は
打ちのめされるようなものしかありませんでした。



「ふーん」(←他人事)
「あっそ」(←関心なし)
「フン」 (←鼻で笑う音)
「だから、何が言いたいの」 (←ドライ)



もしかして
わたしの気持ちって、この人には全く共感されてない…!?


いやーーーーーー
絶対そんなの認めるもんかーーーー!!!
わたしが一生懸命歩み寄れば、
まだまだこれから改善の余地はあるに違いない!!!

ふとした瞬間に湧き上がる
「悪い予感」を見るまいとして

わたしはこのころから、
自分の思いを元夫に伝えることを
少しずつ避けるようになりました。


でも本当は
さみしいんだってこと

こんな関係はイヤなんだってこと

気持ちを汲んでもらえるだけでいいのに
でもそう思うこと自体
元夫への期待値が高すぎるのかと密かに悩んでいたこと

もっとちゃんと
自分の気持ちに耳を傾けてあげれば良かった。

でもそうしていたら、下の子と出会えることもなかったと思うから
それはそれで、しょうがないな。



皆さんは、パートナーとの会話の中で
「共感」 どのくらいありますか???


「当たり前じゃん」って
なんて上から目線なのー!のクリックをお願いします(笑)
にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村
THEME:離婚 | GENRE:結婚・家庭生活 |

被害妄想

今回の記事は、以下のサイトを参考にしながら
自分の考えをまとめてみました。

http://rikon.aichi-mikawa.jp/divorce04.html


子どもたちと元夫との面会交流に関して
このところ、いろいろと思うことがありましたが
吹っ切れました

自分がどうしたいか じゃなくて
子どもたちがどうしたいか

子どもたちの意思を最大限尊重して
わたしは子どもたちのバックアップに
徹していこう。

周りの声に耳を傾ける余裕は必要だけど
周りの声にぶれない芯の強さも必要だよな。

そう思うに至りました。

だから、元夫の揚げ足取りに
いちいち反応するのはもう、やーめた。

元夫がなんと言おうと言わなくても、
子どもたちが「パパと会いたい」と言ってきたら
快く送り出し
「今は会いたくない」と言ってきたら
「また会いたい」と思えるまで、そっとしておこう。

そうしたら
自分がすべきことは非常にシンプルなのですわ。


元夫は、なんだか被害妄想が強いイメージ。
先日掲載した元夫のメールを読み返せば読み返すほど、
ツッコミどころ満載です。

仮に、子どもたちは父親に会いたがっているのに
元夫に対して、子どもたちを会わせまいと、
心の中で意地悪なことを思う自分がいるのなら
元夫の追及に
罪悪感を持っても仕方ありません。

でも、本心から
「子どもたちがパパに会いたいなら会ってきなよ」
と思っている
自分の気持ちは、嘘じゃないのだから


わたしが子どもたちから
父親と会う権利を取り上げているわけではないのだと。


元夫の言い分があまりにも支離滅裂
かつ一方的なのは
…今に始まったことじゃないか(*_*;




「何故いきなり面会を閉ざされなければならず、
 こちらの責任の様に押し付けるのでしょうか?」


子どもたちが会いたがったら、
今までどおり日時をセッティングして行かせるつもりなので
面会を閉ざしているという発想は、非常に心外。


「子供達に私と会う様促すのはあなたの役割責任です。」

責任を押し付けているのは、むしろあなたの方では?


「面会に行くのに
 あなたの許可がなければ行けないそうですが」


許可なんて、与えたことは一度もありません(^^;
子どもたちの面会に許可を与える、与えないなんてことをできる権限が
元夫にとっては「存在している」こと自体
妄想ですよ。


そしてわたしにとって
もっとも衝撃的だったのが、元夫のこちらの妄想↓


「あなたの私に対する歪んだ気持ちが
 子供に影響を及ぼしている」


どっひゃーーーー
なんという自意識過剰(爆)

まぁ確かに、心底コンナヤツイヤダと
思ったから離婚してるのであって
歪んだ気持ちは
多かれ少なかれあると思います。

それでも…です。
こんなことを元夫に言ったら身も蓋もないほど
気の毒ですが

今、わたしは仕事に子育てに
日々、精一杯であたふたしていて
むしろ彼の存在すら
忘れてしまっている時間が大多数です(*_*)

あなたが思っているほど
あなたのことは話題にもなっていません

っていうのが本当のところ。


それにね。
これは別居していたときからの
わたしのストレートな感想なんですけど、

元夫がことさらに「面会」という言葉を
使ってくることに対して
すごく違和感があるんです。

父親が子どもと会うのに、なんでわざわざ「面会」なんて
仰々しい言葉を使うんだろう?と。



わたしにとっての「面会」って、
入院している患者さんに会うために、
家族が病院に会いに行く
そういうイメージが強いのです。

今までどおり、普通に「親子」として
会おうとしているのだったら、
親子の絆を確認するためには、むしろ「面会」なんて言葉を
使わないで、自然に「会う」でいいんじゃないの???ってね。

まぁ
いずれにせよ、わたしは子どもたちから
父親と会う権利を取り上げているのではありませんし

わたしも、たまには羽をのばして
お一人様になる時間がほしかったりします(爆)

泊りがけじゃなくても
せめて2~3時間、ちょっと会いに行ってくれてれば
わたしも心置きなく美容室くらい行けるんですがね。

ま、子どもたちをこういうゴタゴタに
巻き込みたくないので、また乗り気になってくれる日を
待ちつつ、今はそっとしておくのがベターなのかな。



思うところがありましたら
「読んだよ!」の応援クリックお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村
THEME:離婚 | GENRE:結婚・家庭生活 |

集めて捨ててぽいぽいぽい

元夫とやりとりをした翌日は、なんだか
気分もどんよーーーり。

月曜の朝の出社の憂鬱よりも、
前夜の元夫とのやり取りのほうがブルー度が大きいようです。

とは言っても、仕事が始まれば
仕事に集中して緊張感を保てているから
もやもやした気持ちもどこへやら

それはそれ、これはこれでと
頭の中でも上手に交通整理ができているので
仕事への影響はないのですが…

仕事が終わって車に乗り込んだ瞬間に、
また思い出した(-_-;)

モヤモヤを断ち切るために、わたしが起こした行動。
それは、仕事帰りに100均に寄り道。

収納グッズなど、数点買ってきまして
帰宅して、お風呂~ごはん~のあとに、いざ断捨離スタート。

ずっと気になりつつも、
後回しにしてきたリビングの棚の中に着目。
いるもの、いらないものに分類して

もう使わないもの、
取っておいても仕方がないものは

溜まってきていた
元夫の怨念?邪念?だと思うことで
いさぎよく豪快に処分できました(笑)

片付けて、整理して
いらない執着、怨念邪念(笑)もすっきり断捨離。

あーーー
気持ちがすーーーっとした。

頂きかけてしまった、邪念と怨恨の感情も
ぽいぽい捨てて、
部屋の中もきれいになるのだから一石二鳥です。

平日初日から、帰宅後にもくもくと掃除をして始まった
今週ですが、明日は暑くなるんだって((+_+))

今日100均で買ってきた卓上扇風機を
職場で使ってみようと思います(笑)


そーだそーだ
断捨離で怨念吹っ飛ばせーのエールのクリックを
ぜひお願い致しますm(__)m

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村
THEME:離婚 | GENRE:結婚・家庭生活 |

開いた口がふさがらない

以下、この数日でかわされてきた
元夫とわたしのメールでのやりとりです。

以下、色分けをして、元夫わたし でいきます。


「今月の面会は来週末でよろしいですか?」

「上の子に聞いたところ、今のところ、
 本人は面会に行かないと言ってるので、こちらも困ってます。」


「次週末しかありません。
 子供達と会うのを楽しみにしておりますので
 面会の件、くれぐれもよろしく。」


「それはあなたの都合であって、
 残念ながら、
 今の子どもたちの気持ちと一致していません。

 上の子にいくら促しても、
 「だって行きたくないもん」と
 泣きだしてしまいます。

 また会いたいと思ってもらえるよう、
 あなたなりに働きかけてください。」


「私は何も悪い事はしていません。
 子供達に私と会う様促すのはあなたの役割責任です。
 私は何の催促もないのに
 当然に養育費を振り込んでいます。
 
 会いたくない?から
 会わないとの変な言いがかりなら、
 振り込みたくないから
 振り込まないと言う
 理屈が成り立つのでしょうか?

 公的に決められている取り決めです。
 お互いに責任を自覚しましょう。」


「誤解されているようですが、
 私は当然促しています。
 純粋に上の子が会いたがらない気持ちを、
 なぜ「言いがかり」と捉えてしまうのでしょう。
 なぜ子どもの気持ちを聞き入れられないのでしょう。

 私にもできることの限界があります。
 私の対応に不信感があるのなら、
 面会交流実施の調停を起こしていただき、
 子どもたちへの第三者の聞き取りも含め、
 子どもたちの気持ちを
 理解するようにしてあげてください。

 息子なりに、
 今は学校での生活にも
 適応する努力の途中にいて、
 彼なりに頑張っています。
 そういう中で、
 あなたのエゴで
 会いたいから何とかしろというのでは、
 息子がかわいそうです。 」


「相変わらず調停が好きなんですね。
 何故いきなり面会を閉ざされなければならず、
 こちらの責任の様に押し付けるのでしょうか?

 離れている私が
 どのように子供達に促す事が出来るのですか?

 子供達は
 私より近くにいるあなたの影響を
 受けてしまうのが当然かと思います。
 取り決められた責任を果たして下さい」


「子どもたちが会いたいと言ったときには、
 月1回といわず、会わせてきましたよ。
 今は会いたくないと子どもたちが言っているのに、
 なぜ子どもの気持ちを無視するのでしょう。

 無理強いしたら、
 余計に会おうとしなくなるのではないですか。
 もちろん促していきますが、
 時間が必要だと思います。

 引き続き努力はしています。
 来週は難しいと思いますが、
 子どもたちの気持ちが
 上向いてきたら連絡します。 」



「そもそも月も押し迫って
 こちらから催促しないと
 面会について
 何の連絡もないのはおかしいですよね。

 何故いきなり会いたくないのですか?
 理由を知らされていません。

 あなたの私に対する
 歪んだ気持ちが
 子供に影響を及ぼしているのではないですか?

 面会に行くのに
 あなたの許可がなければ行けないそうですが、
 どうか
 子供達のいい様に
 面会へ送り出してあげて下さい。」


あーーーーーもう!!!

子どもたちが会いたいと行ったときには
電話をかけてあげて日時を決めていたのだし、

会いたくない理由なんて
「なんとなく会いたくない」と言ってるのに
その理由を説明されていないって…
わたしだって、子どもの立場じゃないから
分からないこともあるし
子どもが自分で説明する年齢でもないんです!


この言いようのない理不尽さ。
言いがかりをつけてるのは
一体どっち!?


元夫よ、お願いだから、
屁理屈に基づく
面会交流の権利の濫用は
勘弁してください

会わせないなんて言ってないじゃない!
言いがかりなんてつけてません!!!

なんでここで、わたしの親としての責任問題に
話をすり替えちゃうの?


あーーーやだやだやだやだ

まぁ、この責任すり替え論法が
モラルハラスメントをする側の
典型的手法なんですがね。

離れて暮らしているから、
今は一時的に
子供たちが会いたがらないことも
なぜそうなるのか分からないし、
認めたくない、ということなのかも
しれませんが…

「パパと会わない」と言って涙ぐみながら
こたつの布団の中にもぐりこんでしまう息子を
元夫に見せてあげられたら納得するのかしら。

元夫への歪んだ気持ち…ねぇ。
歪んでるも何も、

もはやわたしには関係のない人だと思ってるから、
子どもたちを会わせることにも
抵抗がないんだけど…。


元夫くん
わたしはもう、あなたのお城の家臣じゃないのです。

もうそろそろ
違うお城のお殿様になったほうが
よろしいのではありませんか。

つくづく
離婚してよかったという感想しか出てきません…

そしてね
やっぱりこうなってしまう一つは
離れて暮らす時間が
長くなることで
疎遠になるから
お互いに、意思の疎通なり
情報が少なくなってしまうことも
要因なんだろうな。

単身赴任ならまだしも
夫婦関係が完全に
破綻した関係で
積極的にコミュニケーションを
取ろうとすること自体が
できていたら

わざわざ
離婚なんてしなかったんです。

会わせたくないんじゃないってこと
どう説明しても
分かってもらえないのが
やり切れなくて
モヤモヤしちゃいます。




にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村
THEME:離婚 | GENRE:結婚・家庭生活 |

子どもの気持ちは分からない

子どもたちが最後に父親と会ったのは、
先月末の3連休のこと。

それ以来、子どもたちは
父親と会いたがらなくなってしまいました。

理由を聞いても、子どもたち自身も
「なんとなく」「ママがいいから」
と答える以外で、会うことに対して何がどのように
具体的に抵抗があるのかまで、
子どもたちは語りません。

7歳と4歳では、気持ちを言語化すること自体、
難しい面もあるのでしょうが。。。


最後に父親と会って帰ってきた日、
子どもたちは「次のGWは、またパパと会う♪」と
言っていたのです。

わたしもそのつもりで、お一人様満喫計画を
立てようとしていたのに、数日前になって
「やっぱり行きたくない」と突然
泣きだすありさま・・・

しばらく、子どもたちには
父親と会うことについて触れず、
様子を見ていた矢先、
元夫から「来週末は面会予定でいいか」という
連絡がありました。

そこで改めて子どもたちに意思確認をしたのですが、
2人とも、口をそろえて
「いかない」

何があったの

それなら、泊りがけで会うのではなく(*いつもは泊りがけ)
日帰りで、2~3時間だけでも遊んできたら???

と促したのですが、それでも変わらず
「いや!いかな~い」

なんで


ここまでかたくなだと、わたしはそれ以上
無理強いすることはできないです。

それに、面会交流中の最大の気がかりは
元夫が子どもたちに
間接的にわたしのことを悪く言っている
もしくは、元夫こそが被害者なのだと
子どもたちにアピールしている可能性が
ゼロではないだろうから

泣き叫ぶのを説得してまで
父親に会わせることもないかと思ってしまうんですね。
もちろん、ある程度の促しはしてるんですが。


元夫にしてみれば、わたしがうまく吹き込んで
子どもたちを父親に会わせないよう
コントロールしてるんじゃないかと
疑っている面もあるようですが

元夫がわたしのことを
長年に渡ってコントロールしてきた彼の実績を考えたら、
仮にわたしが子どもたちの気持ちを
操作しようとしたって
元夫のが一枚も二枚も上手なはず((+_+))

まぁコントロールする以前に
わたし自身も平日は仕事&子育てでバタバタ過ごしてるから
たまに、月に1回くらいは
子どもたちには元夫と会ってもらって、
その間に、一人であるいは友達とゆっくり過ごしたかったりもする。

仕事中は母親に子どもたちをお願いしているだけに、
休みの日まで全面的によろしくー♪と
自分だけが遊びに出かけるのもはばかられ…

まぁ、今までのパターンからみれば
一時的に「会いたくない」時期はあれど
急に気持ちが変化して
「会いたい」と出かけたこともあるので、もうしばらく様子見かなぁ。

そう思ってる中で、
「おまえがなんとかしろ」と要求してくる元夫。

なんともできないから、困ってます(+o+)
本当に、会いたがらないときの連絡調整ほど
苦痛なものはありません。

ここまで子どもたちにNOを言われてる元夫を
想像すると、さすがにちょっと気の毒になるけど

子どもたちに会いたい父親になってもらえるよう、
頑張ってもらうしかないのでは…
THEME:ママのひとりごと。 | GENRE:育児 |

ブログのタイトル変更

ブログのメインタイトルを、変更しました。

「前向きな離婚。」です。


今まで、1回ほどブログタイトルを
変更してたのですが、
どのタイトルも状況が変わると共に、
しっくりこなくなってしまったり
インパクトに欠けるような気がしてきて

このたび
今の自分に
しっくりくるタイトルが思い浮かんだところで
変更に踏み切りました。


きっと誰もが
離婚しようと思って結婚する人なんて
いない。

前向きな離婚、なんて
所詮はきれいごとです。

本当なら、離婚なんてしなくて済む
そういう結婚生活を送りたかった。

だけど、これ以上一緒にいたら
自分も周りもダメになる

悩みに悩み、考えに考えて
こうするより、他に方法がなかったから
離婚せざるを得なかった。

だから、離婚せざるをえなかった結婚生活だったなら
せめて、離婚をしたことで
結婚生活では得られなかった何かを
これからたくさん感じていきたいな

そういう願いをこめて
あえて、このタイトルです。

改めて、よろしくお願いします。


↓久しぶりに、ランキングバナーを貼ってみた。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村

エールのクリックくれたら
前みたいに
マメに更新します(笑)

うまし

今日、食材を調達しにスーパーで見つけたのがこちら。

fc2_2013-05-18_20-34-57-199.jpg

試食販売のおばちゃんが
ホットプレートでお肉を焼いていて、
その上にこのわさびをちょこんと乗せてましてね。

味見させてもらったら、美味!!!
このパックで298円でした。

売り場のおばちゃんいわく、
お肉はもちろんのこと、お刺身につけても美味しいし、
あとはレタスをちぎってボウルに入れて、
そこにごま油としょう油を好みで振りかけて
この「あらぎりわさび」を混ぜて和えると
暑い季節でも、食が進んでおいしいわよーとのことでした。


今日の晩御飯は、
家のホットプレートで焼肉です

子どもたちはわさびが苦手なので、
わたしだけは、わさびをつけていただきました。

焼肉のたれはつけないで、
あえて、塩こしょうのシンプルな味付けに
このわさびをのせて食べるのがGOOD!

冷たいうどんを食べるときにも
このわさびを一緒にっていうのも美味しそうだわぁ。

いろんな味わい方ができそう(*^^)v


にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
THEME:おうちごはん | GENRE:グルメ |

これは当たり!

↓パンツの写真を撮りたかったんだけど
自分で撮ってみたら、靴がメインになってます(^-^;

fc2_2013-05-17_22-36-43-269.jpg


今の職場は、ワーキングウェアとして
支給されている羽織物以外は、きれいめ系の私服が原則です。


スキニーorストレートが主流ともいえる
ボトムス事情ですが、
細みのきれいめ系のパンツって、体型がばっちり強調されそうで
ちょっと苦手…
今はストレッチ素材のレギパンとか、
いろいろ出てるんだけどね。

とりあえず、ユ○クロで黒のレギパンを試着したものの
体型が全くカバーされず
腰回り&ヒップの肉付きの良さが強調されること
この上ないので((+_+))
断念しました。

いろいろ探し歩いて出会った、運命のパンツがこれ♪♪♪

ZARAのきれいめサルエルパンツです。
サルエルと言っても
サルエルにしては細みのシルエットで
ポケットのファスナーだけが金色で
ここはちょっと遊び心があるんだけど、羽織ものを着れば
ファスナーも隠れてしまうので問題なし。

履き心地がなんといってもラクちんで、
素材もやわらかくてさらさらして快適。

盛夏でも問題なくはけそうな心地良さ♪

他にもパンツは購入したものの、
結局このパンツばっかり履いてしまいます。

こんなことなら、同じものをもう一本
購入しておくんだった(^^;

先日、ZARAに偵察に行ったけど、このサルエルパンツは
既に見当たりませんでした。

店員さんにお願いして在庫があれば
取り寄せてもらえるのかしら!?!?!?

↑かなり気に入ってます(笑)
THEME:レディースファッション | GENRE:ファッション・ブランド |

母の日

今日は母の日。

いつの間にか、母として祝われるようになってました(笑)

娘が母の日のプレゼントとして
幼稚園で作ってきてくれたのが、
娘のイラストつきエコバッグ。

fc2_2013-05-12_23-38-45-485.jpg


大きさから推測すると、
左が娘で右がわたし?

ツッコミどころ満載の娘のイラストですが
彼女の豪快な性格がよく表現されていると思います(笑)


薄手の素材なので、エコバッグといっても
野菜をたっぷり入れるのは不安だしなぁ。

使ってしまうのももったいない気がするので、
使わずに大切に保管しておいて
娘が大きくなったら見せてあげようかなぁ。

しかしね
何度見ても、左のイラスト
おでこから上の部分が気になって気になって…

時間がなくて、前髪を、描き忘れちゃったのかなぁ。
意図的に描かなかったのかなぁ???(笑)

まるくなる前

スマホの画像ファイルを整理していたら…
見慣れない画像を見つけました。

ん?こんなのいつ撮ったんだろう?

ここに写っているのは、まぎれもなくわたしです(^^;
自分で撮れるような写真じゃないので
子どもたちのどちらかが撮っていたのだろうか!?

fc2_2013-05-11_20-08-13-788.jpg

別居する前に住んでいた場所の写真であることと、
季節的に冬?っぽい服装をしていることから
一昨年の秋冬あたりかなと思ったのですが
あることに愕然としました。

それは、わたしの体型(*_*;
今と比べてスリムだったのね(*_*;


食べることが大好きだったのに
心身の状態が悪くなってからは、ごはんが食べられなくなりました。

おなかは全くすかないし、食べても味を感じられなくなっていて
食べたものを口に入れてモサモサと噛みながら
飲み込むことが
苦痛にすら思える時期があったのです。

あれよあれよと体重が落ちていきました。
精神的にも消耗していた時期だったと思うので
それでこの体型です(^▽^;)

ところが今のわたしは…

数日前、近所のお友達と偶然コンビニの前で
ばったり会ったのですが
近所に住んでいるのに、会ったのは数か月ぶり。

開口一番、友達はこう言ったのですよ。

「ま、まゆちゃん…まるくなったね!!!」って(^-^;

会ってすぐの言葉が「まるくなった」ですからね(笑)


ぬくぬく過ごしているから、幸せ太りですかね。
でも、優しいお友達からは、
「今のほうが、ふっくらしていて健康的でいいよ」と
フォローしてもらえたんですが
やっぱりまるくなったんだなぁ…

って今さら実感しなくても、
既に去年まで着れていた服が入らなくなっているので
まるくなった事実は
受け入れざるをえないんですがね。


そういうわけで
まるくなる前の、期間限定のスリム画像として
大切に保存しておこうと思います(^-^;

いやいや
今度は健康的に、スリムになりたいなーと思います。
ま、ごはんを美味しく食べられるっていうのは
幸せなことですけどねっ。
THEME:ダイエット ダイエット ダイエット | GENRE:ヘルス・ダイエット |

早寝が大切

昨日は、いつもより早く寝る態勢に入りました。

で、いつもより1時間くらい早く
眠りに入ったような。

そしたら、目覚めも良かったし
眠れた感があってすっきり!

これから仕事ですが
いつもならこの時間、
職場の駐車場で
早く着くと仮眠してるんですが
今日はブログ更新してます(笑)

やっぱり睡眠をちゃんととるって
大切だなー。

今日も早く寝るようにしようっと。

って、まだ今日は始まったばかりですが(^-^;

今日もお仕事がんばるぞ~!

右腕

何十年ぶり?に職場でやりました。



ツベルクリン反応1回目。

判定は明後日です。


ツベルクリンって、意外と痛かったのね。

益子散策その2

マスとそうめんでお腹が満たされたので
このまま帰路につこうかとも思いましたが、
スイーツが食べたいね~ということで…

益子時計というカフェに連れて行ってもらいました。

あたり一面のんびりしてて
緑が多くていいところ(#^.^#)

そしてGWなのに、人がまばらなのが嬉しい。
ふつうの休日みたい。

fc2_2013-05-06_19-49-41-717.jpg

上の子は季節限定のショコラパフェ。
fc2_2013-05-06_19-50-11-029.jpg

下の子は益子産の地粉を使ったスコーン。
fc2_2013-05-06_19-50-36-886.jpg

そしてわたしは、地元のいちごを使った
とちおとめのイチゴのチーズケーキをチョイス。

fc2_2013-05-06_19-51-09-661.jpg

益子焼の器にスイーツがのせられて
運ばれてきました。

濃厚なチーズケーキでおいしかったーー。
娘のスコーンも、しっとり甘くて
もっと食べたいくらいでした。

息子のショコラパフェは一口も味見させてもらえず。
ボリューム満タンにも関わらず
息子はこちらもぺろりと完食でした。


いつもは甘え放題、言いたい放題の子どもたちも、
今日は適度な緊張感を味わいつつ
非常に扱いやすい子どもたちに変貌してくれて
おかげでわたしは叱ることもほとんどなく
それでいてみんなでいろいろ楽しめて
お腹も心も満たされて
楽しく過ごすことができました。

何よりも、GWなのにこの人口密度。
空気も美味しく感じました(笑)
わたし、人酔いする傾向があるんですね。

どこにいっても人・人・人だと、
頭が痛くなってきたり、
目が回りそうになるんです(^^;

いいお休みを過ごすことができました。
陶器市もやっていたから、そのうちゆっくり見てみたいなぁ。

たっぷり充電できたので
明日から、またお仕事がんばります。
THEME:ちょっとおでかけ | GENRE:育児 |

益子散策

GWも今日が最終日。

弟カップルと一緒に、益子に行ってきましたー♪
まず向かった先は、息子リクエストの釣り堀。

釣り堀に向かう途中は、GWとは思えないほど
渋滞もなく、道路の流れもスムーズ。
しかし、釣り堀だけは、このあたりにしては
にぎわっていました。

釣った魚はその場で焼いて食べるか、お持ち帰りが
できるので、たくさん釣れすぎたらどうしよう!?

なーんて心配したけど、要らぬ心配でした(^▽^;)

お魚さん、満腹なのか
いくら釣り糸を垂らしても、餌を食べてくれません。

結局は2時間ちょっと釣りをしたものの、
釣れたのはたったの2匹でした。

fc2_2013-05-06_19-48-13-543.jpg

子どもたちは、めちゃくちゃ集中して
釣りに励んでおりました。

それにしても、
今まで何度か釣りはしたことがあるけど、こんなに
釣れない釣りは初めてだった(*_*;

すっかりお腹がすいてしまったので、
このあと、マスを焼いてもらっていただきました。

普段、魚を一匹食べることはあんまりない子どもたちなのに、
2人とも、「おいしい!」と言いながら
ぺろりと完食。
マスはアユに比べて大きくて、食べ応えがありますね。

fc2_2013-05-06_19-51-56-570.jpg

その後、流しそうめんを食べることに。
円卓が写真↓のように流しそうめん台に(笑)

fc2_2013-05-06_19-49-06-286.jpg


面白い~
そして美味しい~

ここでも子どもたちはものすごい食欲で
長しそうめんをたいらげておりました。

写真が多いので続きます。
THEME:ちょっとおでかけ | GENRE:育児 |

新緑のGW

fc2_2013-05-04_19-50-11-532.png

ちょっと足を延ばせば日帰りで観光スポットに
出かけられることもあるので
混んでいる時期に
混んでいる場所に向かう気になれず(^^;

出かけた先は、近所の公園(笑)

1周900メートルちょいのウォーキングコースを
3周ちょい、子どもと一緒に歩きました。

木陰が日差しをさえぎってくれたりして、
すごく過ごしやすく、気持ちよかったです。

平和だなぁ~リフレッシュできるなぁ~と
思いながら、娘と手をつないでテクテク歩いていましたが

ときどき、娘と同じ年頃の子どもを連れた家族連れが
芝生でキャッチボールをしたり
サッカーをして遊んでいたりする光景を見ると
なんとも表現しがたいモヤモヤした気持ちになってしまいます。

うらやましいんじゃないんだよね。
全くと言っていいほど。

家族連れを見るたびに、
自分がかつて、「家族連れ」として4人でいろんな公園に
出かけていたときのことを思い出すと

言いようのない気づまり感に、感じないふりをしつつ
強迫的に楽しもうとしていた
かつての自分が思い出されてしまうんです。

楽しみだったはずの週末が、いつの間にか
気づまりから苦痛に変わり
週末が終わり、月曜日になると、精神的な疲れからか
心の状態がどっと悪くなって病院に駆け込むことが
たびたびあった2~3年前。

あの家族が、自分とは同じような家族じゃないと
頭では分かっていても

もう二度と
あの頃には戻りたくない((+_+))


できるならもう忘れてしまいたい
当時の自分のポジション、立場、環境
そういうものをリアルに思い出して
その当時の気持ちがよみがえってきてしまうのです。


旦那さんがいる家族って
週末に旦那さんも一緒に出かけたりするとき
旦那さんに気を遣わないのかな。

朝起きた瞬間から、家事の流れを旦那さんが仕切り始める
そんな週末を過ごす家族って
マイナーだったのかしら!?

残念ながら、わたしはそういう結婚のカタチしか
体験したことがないので

家族連れを見るたびに
「どうしてあの家族は続いていけるのだろう」
「どうしてあの家族は苦しくならないのだろう」
と、自分的に残念な気持ちがこみあげてきて

やっぱり行き着く感情は

二度とあんな思いをする週末はイヤ


あぁ、堂々巡り(笑)

いつかこんな気持ちになったことも忘れて
あの頃を懐かしむ余裕が持てる
自分になりたいです。
THEME:ちょっとおでかけ | GENRE:育児 |

気まぐれな子どもたち

4月の連休も終わり、平日をはさんで
5月のGWに突入しましたね~。


先週の連休時には、楽しそうに泊りがけで
元夫と面会をしてきた子どもたち。

帰ってきたあとも、「次のGWもパパと会う♪」
「次は釣りに行く約束をしたんだ~」と言っていたので

どーぞどーぞ
楽しんできてくださいと思って、わたしはわたしで
おひとりさまの予定を入れようと思っていたのですが…

一昨日だったかな。
その前日だったかな。
寝る前に、突然息子がしがみついてきたかと思うと
涙ぐみながら、「パパのところに行きたくない」と(*_*)

なんで?どうしたの?
パパ、会うためにきっとビジネスホテル、予約しちゃってるよ?
2泊じゃなくて1泊にしてもらう?

いろいろ聞いても、「行かない」の一点張り。

しまいには、本当に涙を流して泣き始めたものだから
焦りました…

よく話を聞いてみたら、
厳密には「パパと会いたくない」という拒絶の気持ちではなく
「ママと離れたくないからパパとは会わない」という
気持ちみたいです。

ここで無理強いして行かせても、もう二度と次から
行かない!となってしまうのが目に見えていて、
そこから立ち直るには、また時間がかかるだろうなと。

一般的に、別れた夫との面会は快く思わない女性も
多いようで、わたし自身もそうなるのかなと思っていたんですが
蓋を開けてみたら、今のところは
そういう感情は出てきてません。

子どもたちが楽しそうに会いに行くなら、
わたしも、たまの休みは一人でゆっくりさせて
と思うんですが、
そう思っているときに限って、子どもたちは
面会に行きたがらないというジレンマ…(*_*;

事実を伝えているのに、元夫からは
面会を拒否している子どもたちの心境を詳細に
説明するようにリクエストされましたが、
説明って言っても、わたしも息子自身ではないから
分からない部分もあるんだよね。

本人と電話してよと彼に頼んだけれど、
受話器を変わろうとしたら、息子、ヒーーーッと
泣き声を上げて、通話拒否((+_+))

後日、元夫から「下の子をうまく誘い出せば
上の子もついてくるのでは?」と提案を受けて
下の子に、「パパが遊ぼうって言ってくれてるよー」などと
促すも…

下の子キッパリ。

「お兄ちゃんが行かないなら、行かない!」




そうこう言っているうちに、
息子はくしゃみと鼻水を連発し
風邪を引きました(+o+)

どんどん面会に行っておいでーと
わたしが思っていると、子どもたちは
わたしから、見捨てられるような気持ちになってしまうのかしら!?

でも本来なら、理想としては
離婚後も、継続的に面会をすることで
離れて暮らす親との時間で親子になれて
いいことだとわたしは思うんですが…

理想と現実が乖離してるような気がしてなりません。

「パパのところになんか、行っちゃだめ」と
思っていれば
子どもたちは安心して、面会に行くようになるのかしら…

それもなんだかちょっと違う気がするけど。

行きたくないと言う子どもたちに、無理やりに
「パパと会ってきなさい!」と
家を追い出すことはできないです。


んーーー
子どもたちの気持ちが変わってくれないと、わたしも困る(苦笑)
THEME:別居・離婚 | GENRE:結婚・家庭生活 |
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
532位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
結婚生活
197位
アクセスランキングを見る>>
おすすめサイト

友達の紹介で通い始めました。このお値段で通い放題…時代は変わりましたね。1年続けたら、剛毛だったムダ毛が細くなって、たまに剃るくらいでOKに。楽ちん♪

クレジットカードはこちらでお世話になってます。貯まったポイントを次のお買い物で使えるので、ポイントの使い勝手が◎

セシールオンラインショップ
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング




私がお世話になっているブログです。使いやすくてブログ初心者にもおすすめ!デザインが豊富です。

設置も簡単で、高機能です♩

最近は、本を買うなら必ずここです。

クロックス オンラインショップ
職場用に1足、普段履きに2足買いました♪
オルビス
愛用しているクレンジング。メイクがするんとしっかり落ちるし、目にしみないのが高得点!

以前は冊子を探していたけれど、今はネットでお店を比較→予約できちゃう。便利ね〜

セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
最短4時間で自宅まで届けてくれます。お店に陳列されている商品を店員さんがチョイスして届けてくれるので、何かの時にはとっても便利です!
ドクターシーラボ
楽天市場


ニッセン
ベルメゾンネット
引越し後の新居のお部屋作りで、ベルメゾンさんには大変お世話になりました。家具や洋服の質が良いです。
QRコード
QR
ぶろぐ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。